プレイリスト&カルチャーメディア | DIGLE MAGAZINE

NEXT
PREV

INTERVIEW

プレイリストを絡めたインタビュー記事

PLAYLIST

DIGLE編集部が毎日気になるプレイリストを
ピックアップしてご紹介

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEW ARRIVAL

最新記事

父が母になっていた?! 変化を受け入れるのに必要な時間と愛。映画『父の結婚』|インディペンデント映画を巡る vol.24

カウンター・カルチャーのニュアンスが強い“インディペンデント映画”。低予算の中で、芸術性や作家性を重視して作られた映画は、新しい考えや想像力の源泉として、観た人の記憶に残るはずだ。今回はインディペンデント映画の中から、父が母になるという大きな変化を受け入れるのに必要な時間と愛を描いた、ふくだももこ監督の映画『父の結婚』を紹介。

映像に込められた“物語性”が巧みな快作。映画『ふたりあそび』|インディペンデント映画を巡る vol.23

カウンター・カルチャーのニュアンスが強い“インディペンデント映画”。低予算の中で、芸術性や作家性を重視して作られた映画は、新しい考えや想像力の源泉として、観た人の記憶に残るはずだ。今回はインディペンデント映画の中から、映像に込められた“物語性”が巧みな渡邊世紀監督の映画『ふたりあそび』を紹介。

「運命」を、「宿命」に。映画『リバースダイアリー』|インディペンデント映画を巡る vol.22

カウンター・カルチャーのニュアンスが強い“インディペンデント映画”。低予算の中で、芸術性や作家性を重視して作られた映画は、新しい考えや想像力の源泉として、観た人の記憶に残るはずだ。今回はインディペンデント映画の中から、ラブストーリー、サスペンス、スリラーなど異なるジャンルを横断し「運命」を「宿命」に変える、園田新監督の映画『リバースダイアリー』を紹介。

微笑ましい告白大会から一転、最後に訪れる“笑撃”が見事!映画『フィガロの告白』|インディペンデント映画を巡る vol.21

カウンター・カルチャーのニュアンスが強い“インディペンデント映画”。低予算の中で、芸術性や作家性を重視して作られた映画は、新しい考えや想像力の源泉として、観た人の記憶に残るはずだ。今回はインディペンデント映画の中から、微笑ましい告白大会から一転して最後に訪れる“笑撃”が見事な、天野千尋監督の映画『フィガロの告白』を紹介。

オーバーだが普遍的な「言いにくいことを言う」寓話。映画『くさいけど「愛してる」』|インディペンデント映画を巡る vol.20

カウンター・カルチャーのニュアンスが強い“インディペンデント映画”。低予算の中で、芸術性や作家性を重視して作られた映画は、新しい考えや想像力の源泉として、観た人の記憶に残るはずだ。今回はインディペンデント映画の中から、オーバーだが普遍的な「言いにくいことを言う」寓話を描いた、永井和男監督の映画『くさいけど「愛してる」』を紹介。

怒りや苛立ちを、日々の喜びへ転換する魔法。映画『愛を込めて壁ドンを』|インディペンデント映画を巡る vol.19

カウンター・カルチャーのニュアンスが強い“インディペンデント映画”。低予算の中で、芸術性や作家性を重視して作られた映画は、新しい考えや想像力の源泉として、観た人の記憶に残るはずだ。今回はインディペンデント映画の中から、怒りや苛立ちを、日々の喜びへ転換する鮮やかな魔法を描いた、松尾豪監督の映画『愛を込めて壁ドンを』を紹介。

シリアス描写が引き立たせる、中野監督の「人間愛」。映画『お兄チャンは戦場に行った!?』|インディペンデント映画を巡る vol.18

カウンター・カルチャーのニュアンスが強い“インディペンデント映画”。低予算の中で、芸術性や作家性を重視して作られた映画は、新しい考えや想像力の源泉として、観た人の記憶に残るはずだ。今回はインディペンデント映画の中から、「家族の愛」を描き続ける中野量太監督の映画『お兄チャンは戦場に行った!?』を紹介。

亡き父の存在が深める家族の絆。映画『チチを撮りに』|インディペンデント映画を巡る vol.17

カウンター・カルチャーのニュアンスが強い“インディペンデント映画”。低予算の中で、芸術性や作家性を重視して作られた映画は、新しい考えや想像力の源泉として、観た人の記憶に残るはずだ。今回はインディペンデント映画の中から、ロの壁を越えようと思って作った最後の自主映画、中野量太監督の映画『チチを撮りに』を紹介。

障害と兄弟、性と犯罪を描く。映画『ロストパラダイス・イン・トーキョー』|インディペンデント映画を巡る vol.15

カウンター・カルチャーのニュアンスが強い“インディペンデント映画”。低予算の中で、芸術性や作家性を重視して作られた映画は、新しい考えや想像力の源泉として、観た人の記憶に残るはずだ。今回はインディペンデント映画の中から、もがく人間を見る、まさに〝映画らしい〟喜びに満ちた作品、白石和彌監督の映画『ロストパラダイス・イン・トーキョー』を紹介。

「コロナ」をめぐる小さな奮闘記。映画『車のない生活』|インディペンデント映画を巡る vol.14

カウンター・カルチャーのニュアンスが強い“インディペンデント映画”。低予算の中で、芸術性や作家性を重視して作られた映画は、新しい考えや想像力の源泉として、観た人の記憶に残るはずだ。今回はインディペンデント映画の中から、賞金の100万円をめぐるセルフドキュメンタリー、真利子哲也監督の映画『車のない生活』を紹介。

ありのままではいられない少女たちの生きづらさ。映画『Starting Over』|インディペンデント映画を巡る vol.13

カウンター・カルチャーのニュアンスが強い“インディペンデント映画”。低予算の中で、芸術性や作家性を重視して作られた映画は、新しい考えや想像力の源泉として、観た人の記憶に残るはずだ。今回はインディペンデント映画の中から、ありのままではいられない少女たちの生きづらさを描いた、西原孝至監督の映画『Starting Over』を紹介。

典型的な“ダメ男”のふるまいは、なにを照らすのか?。映画『ぽんぽん』|インディペンデント映画を巡る vol.12

カウンター・カルチャーのニュアンスが強い“インディペンデント映画”。低予算の中で、芸術性や作家性を重視して作られた映画は、新しい考えや想像力の源泉として、観た人の記憶に残るはずだ。今回はインディペンデント映画の中から、絵に描いたような典型的な“ダメ男”を描いた、中村祐太郎監督の映画『ぽんぽん』を紹介。

傷の共同体は可能か?恐ろしくもアヴァンギャルドな傑作。映画『Dressing Up』|インディペンデント映画を巡る vol.11

カウンター・カルチャーのニュアンスが強い“インディペンデント映画”。低予算の中で、芸術性や作家性を重視して作られた映画は、新しい考えや想像力の源泉として、観た人の記憶に残るはずだ。今回はインディペンデント映画の中から、恐ろしくもアヴァンギャルドな傑作、安川有果監督の映画『Dressing Up』を紹介。

不謹慎上等のエログロさ。映画『ファミリー☆ウォーズ』|インディペンデント映画を巡る vol.10

カウンター・カルチャーのニュアンスが強い“インディペンデント映画”。低予算の中で、芸術性や作家性を重視して作られた映画は、新しい考えや想像力の源泉として、観た人の記憶に残るはずだ。今回はインディペンデント映画の中から、“不謹慎上等”のバイオレンスなエンターテインメント、阪元裕吾監督の映画『ファミリー☆ウォーズ』を紹介。

日本に生きる、見捨てられた人間のリアルなイメージ。映画『ケンとカズ』|インディペンデント映画を巡る vol.9

カウンター・カルチャーのニュアンスが強い“インディペンデント映画”。低予算の中で、芸術性や作家性を重視して作られた映画は、新しい考えや想像力の源泉として、観た人の記憶に残るはずだ。今回はインディペンデント映画の中から、日本に生きる、見捨てられた人間のリアルなイメージを描いた小路紘史監督の映画『ケンとカズ』を紹介。

国産SF映画の新機軸!映画『宮田バスターズ(株)』|インディペンデント映画を巡る vol.8

カウンター・カルチャーのニュアンスが強い“インディペンデント映画”。低予算の中で、芸術性や作家性を重視して作られた映画は、新しい考えや想像力の源泉として、観た人の記憶に残るはずだ。今回はインディペンデント映画の中から、長編版も製作決定済みの意欲作、坂田敦哉監督の映画『宮田バスターズ(株)』を紹介。

デフォルト画像

{{ article.title }}

{{ article.excerpt }}

さらに表示

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!