『呪術廻戦』パンダの中身、正体は?「ルックスに関して俺がどうこう言うと思っていんのかよ パンダだぞ」などの名言もご紹介!

冷静な戦いぶりと気さくでコミュニケーション能力が高い側面を併せ持つ突然変異呪骸のパンダは、アニメ/漫画『呪術廻戦』の登場キャラクターです。ここではパンダのプロフィールや、突然変異呪骸について、夜蛾正道との関係、名言などを紹介します。

『呪術廻戦』乙骨覚醒の裏にはパンダがいた!百鬼夜行での戦い

パンダは同級生の禪院真希や狗巻棘、そして乙骨憂太らと共に、2017年12月24日に夏油らが起こした百鬼夜行を乗り越えた経験があります。夏油の狙い特級過呪怨霊「祈本里香」を持つ乙骨。百鬼夜行決行当日の五条は夏油の陽動により呪術高専を離れており、狗巻とパンダに乙骨を守るように依頼します。

天と地ほどの実力差がある強敵・夏油を前にパンダたちは奮闘するも、あっさりと敗北。しかし仲間の敗北をきっかけとして乙骨が覚醒し、祈本里香の力を利用して夏油を退けました。パンダたち仲間の存在がなければ乙骨が覚醒することもなく、祈本里香が夏油のものになった未来もあったかもしれません。

『呪術廻戦』パンダは渋谷事変で死んでしまった……?

夏油や特級呪霊達が五条の封印を狙って勃発させた渋谷事変では、呪術師側・呪霊側双方に甚大な被害が発生しました。

パンダは呪術高専2年生クラスの担任で1級呪術師の日下部篤也とともに行動。取り残されてしまった非術師の捜索を行っていたところ、偶然漏瑚と宿儺の戦いに遭遇してしまいます。

漏瑚の術式・極ノ番「隕」から逃げようとするパンダと日下部を、宿儺は「よしと言うまで動くことを禁ずる」と、制止。結局、隕の大爆発に巻き込まれてしまいました。

その後なかなか登場しなかったため死んでしまったのではと思われていたパンダですが、その後無事が確認されています。現在は偽夏油との戦いに備えている様子であり、今後の活躍に期待しましょう。