『呪術廻戦』乙骨憂太(おっこつ ゆうた)とは?「生きてていいって自信が欲しいんだ」などの名言、強さ、術式もご紹介!【ネタバレあり】

乙骨憂太(おっこつ ゆうた)は、アニメ/漫画『呪術廻戦』の登場キャラクターです。特級呪霊に取り憑かれながらも、人一倍の思いやりや優しさを持って自分と向き合う特級呪術師・乙骨憂太(おっこつ ゆうた)。ここでは乙骨憂太のプロフィールや名言などを紹介します。

『呪術廻戦』乙骨憂太(おっこつ ゆうた)とは?

呪術高専東京校に通う2年生であり、現在4人存在する特級呪術師のうちの1人です。

特級過呪怨霊「祈本里香」に取り憑かれたことで非常に強力な呪術を扱えるようになりましたが、自分に危害を加えようとするものに無条件で里香が攻撃してしまい、悩みます。そして里香を始末しようとした呪術界による死刑執行を受け入れますが、五条悟が強引に引き留め、呪術高専に入学することとなりました。

学生ながら特級呪術師の称号を持っているのは乙骨だけであり、その優しく温厚な人柄や圧倒的な強さ、そして将来性に周囲の人たちも大きな期待を寄せている人物です。

裏の主人公とも言える存在ですが、本編にはあまり登場はしませんでした。しかし渋谷事変の責任を虎杖に取らせ即時死刑執行を進めようとする呪術界上層部により、死刑執行人の任を受けます。

『呪術廻戦』乙骨憂太は4人存在する特級呪術師のうちの1人!

乙骨憂太はまだ学生であるにも関わらず作中の世界で4人のみ存在する特級呪術師の1人であり、圧倒的な力を持っています。他の特級呪術師は五条悟・夏油傑・九十九由基の3人であり、まだ学生である乙骨がダントツで若く才能があることが分かるでしょう。

乙骨の戦闘スタイルは、乙骨にとりついている特級過呪怨霊・祈本里香の呪力を刀に込めて敵を切るもの。祈本里香の呪力は圧倒的で、通常の呪霊であれば力押しでたやすく祓うことができます。

本編の1年前に行われた呪術高専の交流会では、その圧倒的な強さにより乙骨1人で京都校を倒してしまいました。京都校には実力者である東堂も参加していた中での圧勝であり、乙骨の才能の凄さが分かるエピソードです。

『呪術廻戦』優しい正義漢の乙骨は周囲からも頼られている

圧倒的な強さを持つ乙骨ですが性格は非常に穏かで優しく、友達のために本気で怒り行動できる人柄の良さを持っています。一方で戦闘においては冷静に状況を判断しとるべき行動を合理的に選択できるため、周囲からの信頼も絶大。同級生の狗巻パンダ禪院真希らとは互いを信頼しあっており、後輩である伏黒からは「唯一手放しで尊敬できる先輩」と言われています。

また、教師である五条も「自分と並ぶ呪術師になる」と彼を見ており、呪術高専東京校としても期待の生徒であると言えるでしょう。ただし、時に行き過ぎた行動に出る危うさもあり、彼の行動は本作に置ける重要なカギの1つであると考えられます。

『呪術廻戦』どうしていきなり特級呪術師?乙骨の過去

乙骨は呪術高専東京校に入学した時点で特級呪術師の認定を受けていた特例中の特例ですが、そこには彼に憑いていた特級過呪怨霊・祈本里香の存在があります。

里香と幼馴染だった乙骨は、彼女と将来結婚することを約束していました。しかし乙骨が婚約指輪をもらった日に起きた突然の交通事故によって里香が死亡。そこから里香の呪霊が乙骨に憑いてしまったのです。

里香の力は凄まじく、乙骨をいじめる同級生に重傷を負わせるなど暴走を続けました。そして里香の扱いに困った呪術師界は、乙骨の秘匿死刑執行を考えます。しかし五条が強引に阻止し、彼の監視下に置くため呪術高専に入学することになったのでした。