『鬼滅の刃』11話のあらすじ、ネタバレまとめ!重要ポイントを踏まえながら一気にご紹介

次の目的地に向かう炭治郎が、金髪の少年に再会する第11話。金髪の少年と共に向かった先には、鼓の音が響く不気味な屋敷が存在していました。ここでは、『鬼滅の刃』のアニメ第11話のあらすじを主要キャラを含めながら紹介します。

アニメ『鬼滅の刃』前回のあらすじ

矢琶羽の頸を斬ることに成功した炭治郎。矢琶羽の最期の攻撃も何とかしのぎ切りましたが、身体はもうボロボロです。一方の禰豆子は、朱紗丸との戦いの中で少しずつ強さを増していきます。しかしこのままでは危ないと考えた珠世は、秘密を守れなくなる血鬼術を発動。朱紗丸は鬼舞辻の名を口にしてしまい、発動した呪いによって絶命したのでした。そして禰豆子と旅を続ける覚悟を改めて強くした炭治郎は、次の目的地に向かう道中で金髪の少年と再会します。

アニメ『鬼滅の刃』第11話 主要キャラクター紹介

竈門炭治郎(かまど たんじろう)|呼吸:水の呼吸・ヒノカミ神楽

本作の主人公で、水の呼吸を使う鬼殺隊の剣士。同期の隊士・我妻善逸と共に、鼓が響く謎の屋敷に突入します。浅草での戦闘の傷が、まだ癒え切っていない様子です。

我妻善逸(あがつま ぜんいつ)|呼吸:雷の呼吸

炭治郎の同期で、雷の呼吸を使う鬼殺隊の剣士。常軌を逸したビビリであり、炭治郎でも一般人の子供でも、なりふり構わず守ってもらおうとします。彼の鎹鴉だけ、なぜか可愛いスズメです。

響凱(きょうがい)

謎の屋敷に潜む鬼。両肩と腹部、そして両脚に鼓を付けており、叩くことで屋敷内の間取りを変化させる特殊な血鬼術を使います。炭治郎が遭遇した際には、何かを探している様子で屋敷内を徘徊していました。

善逸との再会

鎹鴉の伝令により南南東へと向かう炭治郎は、道中で最終選別にいた金髪の少年と再会します。金髪の少年は初対面の女性に号泣しながら求婚をしており、女性が明らかに困っている様子だったため炭治郎は彼を制止。お互いの自己紹介を済ませた2人は、鎹鴉の伝令によって旅を共にすることになります。金髪の少年の名は我妻善逸。「自分はもの凄く弱いから守れ」と平然と言う善逸にうんざりしながらも炭治郎は先を急ぎます。

鬼の匂いを頼りにしばらく進むと、そこには謎の屋敷が。善逸も不審な音を察知した様子で、あたりを見回すとそこにはおびえ切った幼い兄妹が震えています。事情を聴いたところ、彼らには兄がいて、鬼にさらわてしまったとのこと。そして連れ込まれたという目の前の屋敷からは、鼓の音が響きます。

すると突然、屋敷の2階から突然血だらけの男性が降ってきました。炭治郎はすぐに駆け寄りますが男性の傷は深く、そのまま絶命してしまいます。