[ネタバレ]映画『マレフィセント2』のあらすじ紹介!主要キャラや見どころも一挙把握

真実の愛に目覚めた妖精マレフィセントが、愛の力で大きな困難を乗り越えていく映画『マレフィセント2』。ここでは、『マレフィセント2』のラストシーンまでのあらすじや主要キャラ、見どころポイントを含めながら紹介します。

『マレフィセント2』が視聴できる配信サービスは?

配信サービス料金配信形態無料トライアル
Disney+ (ディズニープラス)990円/月定額見放題なし
クランクイン!ビデオ440円〜レンタル14日
dTV配信終了
TSUTAYA DISCAS539円(送料込み)〜レンタル
ビデオマーケット299円〜レンタル初月
music.jp299円〜レンタル
Amazonプライムビデオ299円〜レンタル
GYAO!ストア299円〜レンタル
2022年11月時点

映画『マレフィセント2』あらすじ

あらすじ1:オーロラ姫の結婚

妖精の国ムーアでは、妖精が人間によって捕まる事件が発生。妖精を嫌うアルステッド国のイングリス王妃が、拉致した妖精を実験台として妖精を倒す武器を作っていたのです。一方、ムーアの女王オーロラは、アルステッド国のフィリップ王子との婚約が決まります。アルステッド城での晩餐会に呼ばれたオーロラとマレフィセント。しかしイングリス王妃は、マレフィセントを挑発し続けます。我慢の限界を超えたマレフィセントは、ついに魔法を使ってしまうのでした。

あらすじ2:闇の妖精達との出会い

マレフィセントが魔法を使うと、フィリップの父が倒れてしまいます。呪いをかけたのは自分ではないと主張するマレフィセントでしたが、聞き入れてもらえません。オーロラにも疑われたマレフィセントは、窓から飛んで逃げてしまいました。しかしそこへイングリス王妃の部下が鉄の弾を放ち、マレフィセントは海に落下。海に落ちたマレフィセントを、彼女と同じ闇の妖精コナルが助けます。コナルは闇の妖精が住む洞窟へマレフィセントを案内しました。

あらすじ3:人間対妖精の戦争勃発

オーロラは城の地下でイングリス王妃の武器工場を発見。マレフィセントの無実とフィリップの父を眠らせたのがイングリス王妃であることに気付きます。しかしイングリス王妃に見つかり、監禁されてしまうのでした。ついに表立って動き出したイングリス王妃。ムーアの妖精たちを城の聖堂に招き入れ、赤い鉄粉を充満させて次々と木など元の姿に戻していきます。一方、闇の妖精たちも蜂起し、城に攻め込んでいきました。

あらすじ4:真実の愛によって蘇ったマレフィセント

戦場へはマレフィセントも現れ、人間達を制圧していきます。そしてマレフィセントとイングリス王妃、そしてオーロラが塔で遭遇。オーロラはマレフィセントと和解するも、そこへイングリス王妃が矢を放ちます。矢が当たったマレフィセントが倒れ、泣き崩れるオーロラ。しかしその時、オーロラの涙によってマレフィセントが不死鳥となって復活したのです。マレフィセントやフィリップの活躍により戦争は終焉し、フィリップとオーロラは晴れて結ばれることになったのでした。