『鬼滅の刃』我妻善逸(あがつま ぜんいつ)とは?「禰豆子ちゃんは俺が守る」など多くの名言もご紹介!

『鬼滅の刃』の主人公・炭治郎の同期である我妻善逸(あがつまぜんいつ)をご紹介。卑屈で泣き虫なネガティブな性格をしているが、戦闘とのギャップに定評がある我妻善逸のプロフィールや家族構成、心に響く名言などをご紹介!

『鬼滅の刃』我妻善逸(あがつま ぜんいつ)プロフィール

我妻善逸(あがつま ぜんいつ)

主人公・竈門炭治郎の同期であり、雷の呼吸を使います。普段はよく泣くヘタレキャラですが戦闘になると一変。眠りながら素早いスピードで敵を攻撃することができ、戦闘シーンに定評があるキャラクターです。

捨て子でしたが、元柱である桑島慈悟郎の元で修行を積みながら育てられ、色違いの羽織りを着用しています。修行中に雷に打たれ、黒髪から金髪になりました。

また我妻善逸は聴覚が優れており、人の心の「音」を聴くことができます。優れた聴覚のおかげで、炭治郎の妹・禰豆子も鬼であることが一瞬で分かったようですが、炭治郎の「妹は命よりも大事なもの」という想いをくみ、彼女を捨身で守ったという優しい心の持ち主。

過酷な修行も女の子がいれば笑顔で楽しめるくらい重度の女好きですが、禰豆子に一目惚れをしてからは彼女を一途に想うようになります。

『鬼滅の刃』我妻善逸(あがつまぜんいつ)公式プロフィール

誕生日:9月3日
年齢:16歳
身長:164.5cm
体重:58キロ
出身地:東京府 牛込區(現:新宿 牛込)
趣味:花札、双六
好きな物:甘いもの、うなぎなど高いもの

『鬼滅の刃』我妻善逸(あがつま ぜんいつ)雷の呼吸 型一覧

・壱ノ型 「霹靂一閃」(へきれきいっせん)

強い踏み込みによって真っ直ぐに進み、素早いスピードで鬼の首を狩る技。

雷の呼吸の型は6つ存在しますが、善逸は「壱ノ型 霹靂一閃(へきれきいっせん)」しか使うことができません。背景には育手・桑島慈悟郎の「ひとつのことしかできないなら、それを極め抜け」という言葉があり、その結果、霹靂一閃の中でも6回繰り出す「六連」、8回繰り出す「八連」、さらに速さを強化した「神速」ができます。

(物語後半では、独自の型「漆ノ型 火雷神(しちのかた ほのいかづちのかみ)」を身につけています。)

『鬼滅の刃』我妻善逸(あがつま ぜんいつ)の家族構成

善逸の家族構成はあまり明かされておらず、同期・嘴平伊之助(はしびらいのすけ)との会話で捨て子だったことが判明しています。善逸は鬼殺隊へ入隊するため、元柱で、育手となった桑島慈悟郎(くわじま じごろう)の元で暮らしていました。

育手:桑島慈悟郎(くわじま じごろう)

鬼殺隊・元柱で、引退後は鬼殺の剣士を育てる「育手」となり、善逸を育てます。過酷で厳しい修行を課しますが、「泣いていい、逃げていい、ただ諦めるな」「極限の極限まで磨け」、「ひとつのことしかできないなら、それを極め抜け」など善逸の核となる数々の名言を残した人物です。35歳の時に鬼との戦闘で片足を失い柱を引退したため、右足が義足。