[ネタバレ]映画『ライオンキング(実写)』のあらすじまとめ!主要キャラや見どころも一挙把握。

王国を追放された王子ライオンのシンバが、様々な仲間と出会い支えられて宿敵スカーに立ち向かう映画『ライオンキング(実写)』。ここでは、ライオンキング(実写)のラストシーンまでのあらすじや主要キャラ、見どころポイントを含めながら紹介します。

『ライオンキング(実写)』の注目ポイント

最新技術を活用したリアル過ぎる映像表現!

本作の注目ポイントを語るうえでは、最新のテクノロジーを活用した圧巻の映像表現が欠かせません。ホンモノと見間違えるほど違和感のないCG技術によって、動物たちの動きだけでなくその裏にある感情までもが非常にリアルに表現されています。動物の毛や草木の一本一本までが繊細に描写されており、美しい映像を見るためだけでも、本作を見る価値は十分にあると言えるでしょう。

魅力的過ぎる楽曲の数々!

美しくリアルな映像と共に本作の魅力を引き立てているのが、豪華すぎるメンバーで制作した楽曲の数々です。「Circle of Life(サークル・オブ・ライフ)」や「Hakuna Matata(ハクナ・マタタ)」、「Can You Feel the Love Tonight(愛を感じて)」といった名曲がビヨンセやドナルド・グローヴァーなどのアーティストによって歌いあげられています。

ティモンとプンヴァの存在感

シンバがプライド・ランドを追放されてからの重苦しいストーリーにおいて、一服の清涼剤になってくれているのが、「ミーアキャットのティモン」と「イボイノシシのプンヴァ」の存在です。陽気な2人の軽快なやりとりのおかげで、シンバだけでなく見ているこちらもホッと一息つかせてもらえます。名曲「Hakuna Matata(ハクナ・マタタ)」が流れるシーンは、アニメ版に全く引けを取らない楽しさです。