[ネタバレ]映画『ライオンキング(実写)』のあらすじまとめ!主要キャラや見どころも一挙把握。

王国を追放された王子ライオンのシンバが、様々な仲間と出会い支えられて宿敵スカーに立ち向かう映画『ライオンキング(実写)』。ここでは、ライオンキング(実写)のラストシーンまでのあらすじや主要キャラ、見どころポイントを含めながら紹介します。

映画『ライオンキング(実写)』主要キャラクタ―紹介

シンバ|ドナルド・グローヴァー

本作の主人公で、プライド・ランドの王子。スカーの策略によって父親の死の責任を取らされ、プライド・ランドから追放されてしまいました。砂漠で力が尽き、倒れ込んでいたところをティモンとプンバァに助けられ、「(ハクナマタタ)くよくよするな」の教えを受けてひっそりと成長していきます。

<ドナルド・グローヴァーの主な出演作品>
オデッセイ(リッチ・パーネル役/2015年)
スパイダーマン:ホームカミング(アーロン・デイヴィス役/2017年)

スカー|キウェテル・イジョフォー

プライド・ランドの王、ムファサの弟。自分が王となるには邪魔な存在である、ムファサとシンバを嫌っています。自らの策略によりムファサを死に追いやり、シンバにその責任を負わせて追放したことで、プライド・ランドの王座につきます。王になってからも、ハイエナたちとつるんでおり、他の動物達からは尊敬や信頼を得られていません。

<キウェテル・イジョフォーの主な出演作品>
キンキーブーツ(ローラ役/2005年)
それでも夜は明ける(ソロモン・ノーサップ役/2013年)

ムファサ|ジェームズ・アール・ジョーンズ

プライド・ランドの王。動物たちからの尊敬を集める偉大な王でしたが、弟スカーの罠にはまったシンバを救うため、命を落としてしまいます。成長したシンバがプライド・ランドに戻るべきか否か悩んでいた際、天からの声で彼の背中を押し、プライド・ランドへの帰還を決意させました。

<ジェームズ・アール・ジョーンズの主な出演作品>
フィールド・オブ・ドリームス(テレンス・マン役/1989年)
星の王子ニューヨークへ行く(ザムンダ国王役/1988年)

ナラ|ビヨンセ

シンバと幼馴染の間柄であるメスライオン。幼い頃はよくシンバと遊び回る、わんぱくな女の子でした。スカーの支配によって荒廃してしまっているプライド・ランドを救うため、王国を出て1人で旅に出ます。そして成長したシンバと再会し、王となって国を救ってほしいとお願いするのです。

<ビヨンセの主な出演作品>
オースティン・パワーズ ゴールドメンバー(フォクシー・クレオパトラ役/2002年)
ドリームガールズ(ディーナ・ジョーンズ役/2006年)