『エヴァンゲリオン』綾波レイの正体とは?「私が死んでも代わりはいるもの」など多数の名場面、名言も紹介。

エヴァ零号機のパイロットでありミステリアスな魅力を持っている美少女、綾波レイ。 ここでは『新世紀エヴァンゲリオン』綾波レイ(あやなみ れい)のプロフィールや、名言などをご紹介します。

『新世紀エヴァンゲリオン』綾波レイ(あやなみ れい)の声優をご紹介

林原めぐみ(はやしばら めぐみ)

無口でミステリアスだけれど芯の強さも持っている、そして悲しい運命を背負った少女綾波レイの声を担当したのは、林原めぐみ(はやしばらめぐみ)です。彼女は幼少期から声優業に興味を持ち、アーツビジョン付属日本ナレーション演技研究所の第一期生、しかも特待生として入りました。そして在学中の1986年に『めぞん一刻』の幼稚園児・近所の女性役で声優デビューを果たします。その後1989年の『らんま1/2』で女らんま役を演じたことがきっかけとなり、人気声優に仲間入りしました。