『鬼滅の刃』4話のあらすじ、ネタバレまとめ!重要ポイントを踏まえながら一気にご紹介

狭霧山での厳しい修行をやり遂げた炭治郎が水の呼吸の剣技と鋭い嗅覚を駆使して最終試験に挑む第4話。強敵「手鬼」が出現し、錆兎と真菰の正体も明かになることに。ここでは、『鬼滅の刃』のアニメ第4話のあらすじを主要キャラを含めながら紹介します。

アニメ『鬼滅の刃』前回のあらすじ

水の呼吸の育手である鱗滝左近次の下で、鬼殺隊の最終選別に参加するための修行を受ける炭治郎。命がけの厳しい修行にボロボロになりながらも全集中の呼吸と水の型の基本を身につけ、鱗滝が課した最後の試験として大岩斬りに挑みます。最初は全く大岩を斬れる兆しがありませんでしたが、謎の少年・錆兎と少女・真菰に導かれるように必死で鍛錬を続け、ついに大岩を一刀両断することに成功したのでした。

アニメ『鬼滅の刃』第4話 主要キャラクター紹介

竈門炭治郎(かまど たんじろう)|呼吸:水の呼吸・ヒノカミ神楽

本作の主人公。水の呼吸を操る育手・鱗滝左近次に鍛えられ、刀で大岩を斬ることに成功しました。鬼殺隊に入るため、最終選別に挑みます。

手鬼(ておに)

藤襲山に生息する鬼。47年前に鱗滝によって捕らえられましたが、最終選別への参加者を喰らい続けることで力をつけて生き延びてきました。全身に数えきれないほどの腕がからみつき、巨大な体を持っています。

ついに始まった最終選別

見事大岩を刀で斬り修行をやり遂げ、炭治郎は鱗滝から「厄除の面」と呼ばれる狐の面と鬼を倒せる唯一の武器である日輪刀を受け取りました。そして眠ったままの妹・禰豆子を鱗滝に任せ、藤襲山(ふじかさねやま)で実施される最終選別へ参加します。

最終選別の合格条件は、鬼殺隊が捕らえた鬼達が生息する藤襲山で、7日間生き延びることです。藤襲山の周囲は鬼が苦手な藤の花で囲まれており、捕らえられた鬼が生け捕りになっています。

少しでも早く鬼が苦手な朝日を迎えられるよう、東へと進む炭治郎。道中で2体の鬼と遭遇しますが、炭治郎は修行の成果を発揮し水の呼吸を駆使して見事に倒します。

消滅していく鬼に手を合わせて、成仏を願う炭治郎。しかし、突然辺りに立ち込めた腐ったような悪臭に、顔をしかめました。そして叫び声をあげた他の選別参加者の方へと、炭治郎は視線を向けます。するとそこに現れたのは、今まで見たどの鬼よりも醜悪で巨大な体を持つ、鬼の姿でした。