『鬼滅の刃』13話のあらすじ、ネタバレまとめ!重要ポイントを踏まえながら一気にご紹介

覚悟を決めた炭治郎が、ボロボロの身体を奮い立たせて鼓の鬼に立ち向かう第13話。屋敷を脱出した炭治郎でしたが、次の問題が発生することに。ここでは、『鬼滅の刃』のアニメ第13話のあらすじを主要キャラを含めながら紹介します。

アニメ『鬼滅の刃』前回のあらすじ

森の奥に潜む屋敷で、鼓を使い攻撃する異能の鬼・響凱との戦いに臨む炭治郎。しかし響凱の血鬼術や猪の頭を被った少年の横槍により、思うように戦うことができません。それでも何とか満身創痍の中でさらわれた清を見つけ、再び響凱へと挑みます。一方の善逸は、別の鬼と遭遇し、恐ろしさのあまり気絶。絶体絶命かと思われたその瞬間、眠ったままで大技「雷の呼吸・壱ノ型・霹靂一閃」を放ち、一瞬で鬼を切り捨てました。

アニメ『鬼滅の刃』第13話 主要キャラクター紹介

竈門炭治郎(かまど たんじろう)|呼吸:水の呼吸・ヒノカミ神楽

本作の主人公で、水の呼吸を使う鬼殺隊の剣士。道中で再会した善逸と共に、鼓が鳴り響く屋敷へ男の子を救出に向かいます。ケガがまだ治らないこともあり、少し弱気になっていました。

我妻善逸(あがつま ぜんいつ)|呼吸:雷の呼吸

炭治郎の同期で、雷の呼吸を使う鬼殺隊の剣士。鬼と遭遇し恐ろしさのあまり気絶してしまいますが、眠りながら大技を繰り出して鬼を倒しました。現在は正一という少年と行動を共にしています。

響凱(きょうがい)

謎の屋敷に潜む鼓の鬼。両肩と腹部、そして両脚についた鼓を叩くことで、屋敷内の構造を変えたり斬撃を繰り出したりして戦う異能の鬼です。炭治郎との闘いの中で、人間だったころのことを思い出します。

響凱の打倒に成功

正一と共に炭治郎を探す善逸でしたが、響凱が鼓を打ったことにより外へ出されてしまいます。
一方の炭治郎は自らを鼓舞しながら、響凱と戦っていました。響凱の屋敷内の部屋を回転させる血鬼術に苦戦しながらも、炭治郎は稀血である清は渡さないと宣言。「俺は諦めない」との炭治郎の言葉に、響凱は自分が人間だったころのことを思い出していました。自分が書いた小説を、つまらないと酷評され踏みつけにされる響凱。彼は自分の力が認められなかった辛い過去を思い出し、何としても稀血を得て十二鬼月に戻ると改めて決意します。

炭治郎は響凱からの血鬼術を避け続ける中で、ケガが痛まない呼吸の仕方を会得しました。そして響凱の攻撃をかわし、隙の糸をたどってついに頸を斬ることに成功。
響凱は消えていく中で、「小生の血鬼術は凄いか?」と炭治郎に問います。そして炭治郎が「凄かった」と答えると、響凱は涙を流しながら消えていきました。

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる