『鬼滅の刃』19話のあらすじ、ネタバレまとめ!重要ポイントを踏まえながら一気にご紹介

父蜘蛛の鬼によって飛ばされた炭治郎が危険な鬼・累に挑む第19話。累の正体が明かされ、炭治郎は絶対絶命のピンチに。ここでは、『鬼滅の刃』のアニメ第19話のあらすじを主要キャラを含めながら紹介します。

アニメ『鬼滅の刃』前回のあらすじ

父蜘蛛の鬼と戦う炭治郎と伊之助。大技を仕掛けた炭治郎でしたが、あと少しのところで失敗し吹き飛ばされてしまいました。そして飛ばされた先で、炭治郎は姉の鬼を一方的に痛めつける少年の鬼・累の姿を見て怒ります。一方残された伊之助は父蜘蛛の鬼の腕を斬り落とすことに成功。しかし父蜘蛛の鬼がさらにパワーアップしてしまい、逆に追い詰められてしまいます。そして絶体絶命の伊之助を救ったのは、水柱・冨岡義勇でした。

アニメ『鬼滅の刃』第19話 主要キャラクター紹介

竈門炭治郎(かまど たんじろう)|呼吸:水の呼吸・ヒノカミ神楽

本作の主人公で、水の呼吸を操る鬼殺隊の剣士。伊之助と共に父蜘蛛の鬼と戦いますが、彼だけ遠くに飛ばされてしまいました。絆があると言いながら自分の姉を平気で痛めつける少年の鬼・累に怒り、戦いを挑みます。

竈門禰豆子(かまど ねずこ)

炭治郎の妹で、鬼舞辻によって鬼に変えられてしまった少女。那田蜘蛛山に来てからはずっと、炭治郎の背中の木箱に入っていました。しかし炭治郎の窮地に、身の危険を顧みず飛び出します。

累(るい)

那田蜘蛛山に潜む、白髪の少年の姿をした鬼。恐ろしく硬度の高い糸を操り、気に入らないものを次から次へと傷つける危険な存在です。「家族の絆」にこだわりがあり、炭治郎と禰豆子の絆を本物だとして興味を持ちます。

累の正体

冨岡義勇によって救われた伊之助は、彼の強さに興味津々となり、戦いを挑みます。しかし冨岡はそんなことなど全く意に介さず、ケガ人の伊之助をあっという間に縄で縛り、木にくくってしまいます。一方、善逸は胡蝶しのぶの治療によって一命をとりとめ、安心して気を失ってしまうのでした。

その頃、少年の鬼・累の繰り出す糸によって日輪刀を折られた炭治郎。徐々に累の攻撃に慣れてかわし始めますが、累の広範囲に渡る糸攻撃によって窮地に立たされます。しかし、炭治郎に攻撃が当たる寸前に木箱から禰豆子が飛び出し、身を挺して彼を守ったのでした。

禰豆子が鬼であることにすぐ気が付いた累。そして鬼である妹が身の危険を顧みず兄を庇った事実に、「本物の絆だ、ほしい」と興味を示します。
「禰豆子を渡せば命を助けてやる」と炭治郎に提案する累。しかし、当然炭治郎は怒り、この提案を拒否します。そして累は、自らの首を斬ると豪語する炭治郎に対し、「できるならやってごらん。十二鬼月である僕に勝てるならね。」と告げたのでした。

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる