『鬼滅の刃』胡蝶カナエとは?技や名言、声優などもご紹介

『鬼滅の刃』に登場する蟲柱・胡蝶しのぶの実姉・胡蝶カナエをご紹介。本記事では胡蝶カナエの技や名言、声優など徹底解説していきます!

『鬼滅の刃』童磨により死亡…胡蝶カナエの最後

柱にまで上り詰めたカナエですが、若干17歳で亡くなります。その原因は、鬼の始祖・鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)直属の精鋭・十二鬼月のひとり上弦の弐・童磨(どうま)との戦いです。彼女は鬼殺隊の中核をなす剣士・柱のひとりだけに、隊内でもかなりの実力者でした。

しかし、無惨の配下ではナンバー2の実力をもつ鬼・童磨の前には力及ばず……。二人の戦いは朝日が昇る直前まで続き、ついに彼女は致命傷を与えられてしまいます。薄れゆく意識のなか、駆けつけた妹・しのぶに対して、彼女は鬼殺隊を辞めて、幸せに生きる道を望みました。

ただ、両親が惨殺されたときもそうであったように、しのぶは戦う道を選びます。しのぶに仇がどのような鬼なのか問いただされた彼女は、しかたなく童磨の風貌を伝えて息絶えました。その後、作中の大詰め、無限城編では妹・しのぶが彼女の仇・童磨と戦うことになります。

『鬼滅の刃』胡蝶カナエの優しさ溢れる名言集!

カナエは主人公・炭治郎と同じく、鬼殺隊内では珍しい鬼に同情的で、寄り添おうとした人物です。では、そんなカナエの優しい性格がよく分かる、名言の数々を見ていきましょう。

「まあまあそんなこと言わずに。姉さんはしのぶの笑った顔が好きだなあ」

保護した直後の、何も自分で決定できないカナヲに、妹・しのぶが「姉さん、この子全然だめだわ。言われないと何もできないの」と困惑しているときに、カナエがかけた言葉です。

「そんなに重く考えなくていいじゃない。カナヲは可愛いもの!」

自分で決定できないカナヲに対し、カナエは1人で判断に迷うときの対策として銅貨を投げて決めることを提案します。また、心配する妹・しのぶには気長に見守るよう諭しました。

「普通の女の子の幸せを手に入れて、お婆さんになるまで生きて欲しいのよ」

上弦の弐・童磨との戦いに敗れ、薄れゆく意識のなかでカナエは駆けつけた妹・しのぶにこのように想いを伝えました。真面目でつい頑張りすぎてしまう妹を案じる優しい姉心です。

「しっかりしなさい泣くことは許しません」

無限城編で仇・童磨の圧倒的な力を前に、心が挫けそうになるしのぶに彼女の幻影はこう力強く叱りました。その後、「しのぶならちゃんとやれる。頑張って」と励ましてもいます。

アニメ『鬼滅の刃』胡蝶カナエを演じた声優は誰?

アニメ版『鬼滅の刃』で胡蝶カナエを演じたのは、大沢事務所所属の声優・茅野愛衣(かやの あい)さんです。ほんわかとした癒し系の声をもつ声優で、これまでにアニメでは「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」本間芽衣子役や「3月のライオン」川本あかり役、「無職転生~異世界行ったら本気だす~」シルフィエット役、「ちはやふる」大江奏役、「あまんちゅ!」大木双葉役など、おっとりとした女の子の役を数多く演じてきました。そんな茅野さんが今回、ときに優しく、ときに厳しい頼れる姉・カナエの温かな雰囲気を見事表現してくれています。

『鬼滅の刃』胡蝶カナエの意思はしのぶ・カナヲへ

胡蝶カナエは作中ですでに亡きキャラとして、主に妹・胡蝶しのぶの回想シーンにしか登場しません。しかし、しのぶやその継子・栗花落カナヲに多大な影響を与えた重要人物です。

それだけに、アニメ版の続編が制作されるのだとしたら、カナヲを保護したときの話や、しのぶとのやり取りなど、彼女の回想がどこまで描かれるかにもぜひ注目してみてください。

『鬼滅の刃』全23巻一気にお得に読むなら?

『鬼滅の刃』を電子コミックで読みたい方は「U-NEXT」がオススメです。こちらのサービスは31日間無料トライアルを利用する事ができ、付与されるポイントでコミックスを無料で試し読みする事が可能です。また国内外のドラマ、映画、アニメなど豊富な動画作品、雑誌も取り揃えられており、全て見放題で楽しめます。是非一度利用してみてはいかがでしょうか。