『鬼滅の刃』真菰(まこも)、錆兎(さびと)、とは?正体や過去、声優などもご紹介

『鬼滅の刃』の主人公・炭治郎が修行中に突如現れた真菰(まこも)と錆兎(さびと)をご紹介。本記事では真菰と錆兎の正体や過去、扱う呼吸法、彼らの声優など徹底解説していきます!

『鬼滅の刃』真菰(まこも)/ 錆兎(さびと)とは?

入門の時期は異なりますが、狭霧山で「水の呼吸」の継承者を育てている育手・鱗滝左近次(うろこだき さこんじ)のもと剣術の指南を受けていた真菰(まこも)と錆兎(さびと)。

真菰は花柄の着物と狐のお面を着けた可愛らしい見た目の女の子です。主人公・竈門炭治郎(かまど たんじろう)も思わず頬を赤くしていたほど。作中ではすでに亡くなっていますが、不出来な弟弟子・炭治郎の前に現れ、無駄な動きを直したり、呼吸法を指南したりしていました。
錆兎は獅子色の髪に、右頬に大きな傷をもち、同じ位置に傷のある狐のお面を被った男の子です。真菰と同様にすでに亡くなっている人物で、炭治郎の前に真菰と現れ、打ち込み稽古をつけます。その剣技は炭治郎が「本当に綺麗だった!!」と驚くほど洗練されたものでした。

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる