『鬼滅の刃』に登場する風柱・不死川実弥(しなずがわさねみ)とは?呼吸や名言、兄弟の関係などもご紹介

『鬼滅の刃』の主人公・炭治郎が所属する鬼殺隊の柱の1人である風柱・不死川実弥(しなずがわさねみ)をご紹介。本記事では不死川の過去や呼吸、兄弟との関係など徹底解説していきます!

『鬼滅の刃』の風柱・不死川実弥(しなずがわさねみ)のプロフィール

・CV:関智一
・年齢:21歳 
・誕生日:11月29日
・身長:179cm
・体重:75㎏

不死川実弥(しなずがわさねみ)は9人いる当代の柱の1人です。
白色の短髪をした男性で、顔中に傷があるため凶悪な人相に見えます。短気な性格のため、炭治郎に知性も理性もなさそうと評価されていました。
しかし、目上には礼儀を忘れず、お館様にはきちんとした態度で話します。

「風の呼吸」を操る

不死川実弥は、風の呼吸を操る風柱です。暴風のような激しい気性と、己の信念を曲げずに進むものに適性があるとされています。風の呼吸は基本の型の1つで、日輪刀は緑色です。本人の凶暴性と喧嘩の強さもあり、作中では何度も敵を圧倒しています。

他の呼吸法と異なり、剣技によって起こした風は実物で、そのまま相手へのダメージとなる呼吸法です。軽快な身のこなしと突風を起こせるだけの素早さが必要とされます。

風の呼吸の技に以下が登場しました。

・壱ノ型 塵旋風・削ぎ(じんせんぷう・そぎ)

らせん状に地面をえぐりながら突進する技です。

・弐ノ型 爪々・科戸風(そうそう・しなとかぜ)

縦方向に4つの斬撃を繰り出します。

・参ノ型 晴嵐風樹(せいらんふうじゅ)

自身の周りを激しく連続で切りつける技です。

・肆ノ型 昇上砂塵嵐(しょうじょうさじんらん)

砂塵のごとく地上から空中に向けて斬撃を連続で繰り出します。

・伍ノ型 木枯らし颪(こがらしおろし)

地上に向けて回転しながら広範囲を切りつける技です。

・陸ノ型 黒風烟嵐(こくふうえんらん)

下から勢いをつけて斜め上に剣をふるう技です。

・漆ノ型 勁風・天狗風(けいふう・てんぐかぜ)

空中で回転切りを連続で繰り出す技です。

・捌ノ型 初烈風斬り(しょれつかざぎり)

敵にすれ違いざまに斬撃を叩き込む技です。

・玖ノ型 韋駄天台風(いだてんたいふう)

空中から地上に向けて複数の斬撃を繰り出します。

特異体質「稀血(まれち)」とは

不死川実弥は、「稀血(まれち)」と呼ばれる特殊な血を持っています。稀血を持つ人間は鬼にとって栄養価が高く、通常の人間100人分の栄養があるそうです。

実弥が持つ稀血はさらに特殊なもので、血の匂いを嗅いだ鬼はまるで酩酊した状態になります。これによって相手の戦闘力を削ぎ、多くの鬼たちを屠ってきました。

柱合会議では、自身の血を利用し、禰󠄀豆子が人を喰う鬼であることを証明しようとします。自身の腕を切りつけ、禰󠄀豆子を刺して怒りを誘うことで鬼の本性を暴こうとしたのです。しかし、禰󠄀豆子がそれに耐えたことで禰󠄀豆子は人を襲わない鬼であることが証明されたのでした。