『鬼滅の刃』に登場する蟲柱・胡蝶しのぶとは?蟲の呼吸や名言、声優などもご紹介

『鬼滅の刃』の主人公・炭治郎が所属する鬼殺隊の柱の1人である蟲柱・胡蝶しのぶをご紹介。本記事では蟲の呼吸や名言、声優など徹底解説していきます。

『鬼滅の刃』蟲柱・胡蝶しのぶのプロフィール

・CV:早見沙織
・年齢:18歳 
・誕生日:2月24日
・身長:151cm
・体重:37㎏

胡蝶しのぶは、蟲の呼吸を操る蟲柱です。小柄な体格の柔和な雰囲気の女性ですが、ひとたび戦闘となれば多くの鬼を持ち前の瞬発力と素早さで屠っていきます。
いつも笑みを絶やしませんが、姉を鬼に殺された過去があり、鬼に対してひどい嫌悪感と憎悪を抱いています。

柱きっての薬学の知識を持つ

薬学に精通している彼女は「鬼を殺せる毒」を作り出し、それを刀で相手に注入することよって鬼を殺します。しのぶは非力のため、柱の中で唯一鬼の頸を斬り落とすことができません。

そのため、このような独自の戦闘法を編み出したのです。

胡蝶しのぶの日輪刀は特殊な作りをしている

しのぶが持つ日輪刀は銛のような独特な刀身をしています。これは銛の中に毒を仕込み、刺突によって相手の体内に効率よく毒を入れるためです。

一度、鞘に戻せば毒の調合を変えることができ、鬼に合わせて毒の種類を変えています。
鬼の頸を斬る腕力はありませんが、刺突力が高く、持ち前の素早さを併せれば岩をも貫通するほどの威力を持っていました。

「蟲の呼吸」とは

蟲の呼吸とは、水の呼吸の派生である花の呼吸からさらに派生した呼吸法です。しのぶが独自に編み出した呼吸法で、前述のような鬼の頸を落とすことを前提としていません。

しのぶ本人が調合した毒を用いており、鬼ごとにその調合を変えているため、実質本人しか使えない呼吸法として確立しています。
他の呼吸法とはことなり「型」ではなく「舞」と名付けられており、作中では5つの舞を用いて戦闘を行っていました。

・蝶ノ舞  戯れ(ちょうのまい たわむれ)

目にも止まらないほどの速さで複数回相手を突き刺す技です。

・蜂牙ノ舞 真靡き(ほうがのまい まなびき)

強い踏み込みによって一気に距離をつめ、相手を貫きます。

・蜻蛉ノ舞 複眼六角(せいれいのまい ふくがんろっかく)

素早く六方向から連続の突きを放つ技です。
一度に大量の毒を注入できます。

・蜈蚣ノ舞 百足蛇腹(ごこうのまい ひゃくそくじゃばら)

猛烈な踏み込みと不規則な動きで相手を翻弄し、下から相手の懐を刺し貫く技です。

栗花落(つゆり)カナヲとの関係

栗花落(つゆり)カナヲはしのぶの継子です。カナヲが幼少期に人買いに連れ歩かれていたころ、しのぶと姉のカナエが保護しました。

実の妹のように大切に思っており、蝶を模した髪飾りはカナエからもらったものです。無限城での戦いの前には彼女の剣士としての腕を信用して自らの策を打ち明けています。