映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』のあらすじ紹介!(ネタバレあり)重要キャラや見どころポイントもご紹介

狡猾でユーモラスな海賊ジャック・スパロウが過去の因縁と対峙する映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』。ここでは、『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』のあらすじや主要キャラ、見どころポイントを含めながら紹介します。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』主要キャラクタ―紹介

ジャック・スパロウ|ジョニー・デップ

本作の主人公で、海賊船ブラックパール号の船長。ブラックパール号の船長になるため、「13年経ったらフライング・ダッチマン号で100年間働く」との契約をデイヴィ・ジョーンズと交わしていました。何とかしてデイヴィ・ジョーンズを出しぬこうと、持ち前の機転の良さを活用して様々な手段を実行に移します。

<ジョニー・デップの主な出演作品>
シザー・ハンズ(エドワード・シザーハンズ役/1990年)
チャーリーとチョコレート工場(ウィリー・ウォンカ役/2005年)

デイヴィ・ジョーンズ|ビル・ナイ

幽霊船フライング・ダッチマン号の船長。顔には無数のタコ足があり、右手にもタコ足がある怪人です。13年前の契約を果たさせるため、ジャック・スパロウの元に現れました。心臓が身体の外にあるため本体はいくら攻撃されても死にませんが、心臓をベケット卿に奪われてしまいます。

<ビル・ナイの主な出演作品>
ラブ・アクチュアリー(ビリー・マック役/2003年)
アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜(ティムの父親役/2013年)

ウィル・ターナー|オーランド・ブルーム

鍛冶職人でエリザベスの婚約者。エリザベスと無事に結婚するはずが、ジャック・スパロウを助けた罪で捕まってしまいました。エリザベスと共に釈放されるため、ベケット卿の取引に乗ってジャックを探しに行きます。本作では、父親がフライング・ダッチマンの海賊であることが判明しました。

<オーランド・ブルームの主な出演作品>
ケープタウン(ブライアン・エプキン役/2013年)
キングダム・オブ・ヘブン(バリアン・オブ・イベリン役/2005年)

エリザベス・スワン|キーラ・ナイトレイ

ポートロイヤルの総督ウェザビー・スワンの1人娘で、ウィルの婚約者。ウィルとの結婚間近になって、ジャック・スパロウの逃走を手助けした罪で監獄に入れられてしまいました。密かに監獄を抜け出したエリザベスは、男性になりすましてある船に乗り込み、トルトゥーガへと向かいます。

<キーラ・ナイトレイの主な出演作品>
プライドと偏見(エリザベス・ベネット役/2005年)
イミテーションゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(ジョーン・クラーク役/2014年)

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』の注目ポイント

大迫力の音楽に注目

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの大きなウリの1つが、重厚で大迫力の音楽です。大物作曲家であるハンス・ジマーが生み出した、本シリーズの象徴的楽曲とも言える『彼こそが海賊』は見るものの高揚感を高め、作品の世界観に没入するきっかけをくれます。その他にも本作の世界観にピッタリの楽曲が目白押しであり、本作を見る際には音楽にも注目してみると面白いでしょう。

不気味でカッコいいフライング・ダッチマン号とその船員

本作で初登場する「フライング・ダッチマン号」は非常に禍々しい雰囲気を持った海賊船です。船長のデイヴィ・ジョーンズをはじめ乗組員たちも全員恐ろしい姿をしており、本作の世界観に非常にマッチしていると言えるでしょう。さらに、クライマックスで登場するクラーケンは想像を絶するスケールと迫力で描かれており、その太い足で大きな船を真っ二つにしてしまいます。

クライマックスの水車バトルはユーモラスでカッコいい

本シリーズにおいて楽しみの1つとも言えるものが、スタイリッシュで疾走感のあるバトルシーンでしょう。本作ではラストで描かれるウィルとジェームズ・ノリントン提督との水車上バトルが特におすすめです。2人がアクロバティックな戦いを繰り広げる中で、ジャックは何とかして鍵を手に入れようとコミカルな活躍を見せてくれます。ジャックの独特の動きを最大限に活かした名シーンだと言えるでしょう。