[ネタバレ]映画『アラジン(アニメ)』のあらすじまとめ!主要キャラや見どころも一挙把握

貧しい生活をしながらもダイヤの原石のように美しい心を持つ青年アラジンの運命が、魔法のランプを手に入れたことで大きく変わっていく映画『アラジン(アニメ)』。ここでは、『アラジン(アニメ)』のラストシーンまでのあらすじや主要キャラ、見どころポイントを含めながら紹介します。

『アラジン(アニメ)』が視聴できる配信サービスは?

配信サービス料金配信形態無料トライアル
Disney+ (ディズニープラス)990円/月定額見放題なし
U-NEXT199円〜レンタル31日
dTV330円〜レンタル31日
TSUTAYA DISCAS539円(送料込み)〜レンタル
ビデオマーケット299円〜レンタル初月
music.jp299円〜レンタル
Amazonプライムビデオ300円〜レンタル
GYAO!ストア299円〜レンタル
2022年11月時点

映画『アラジン(アニメ)』あらすじ

あらすじ1:アラジンとジャスミンの出会い

砂漠にある王国アグラバーに住むアラジンは盗みを働く程貧しい生活をしていましたが、心はとても優しく、いつの日か王宮に住むことを夢見る青年です。一方、アグラバーの王女ジャスミンは王宮での窮屈な暮らしに嫌気がさしていました。ある日アラジンが相棒のアブーといつものように食事をしていたところ、王宮からこっそり抜け出してきたジャスミンと出会います。互いに惹かれあう2人でしたが、突然王宮の衛兵がアラジンを逮捕しました。

あらすじ2:魔法の洞窟

アラジンの逮捕は、国務大臣ジャファーが仕組んだことでした。ジャファーはアラジンを魔法の洞窟に連れていき、魔法のランプ入手を命じます。アラジンは魔法のランプを手に入れますがアブーが他の宝に手を出してしまい、洞窟が崩壊。魔法の絨毯で脱出を図るアラジンでしたが、あと一歩のところでジャファーに邪魔され、洞窟が閉ざされ取り残されてしまいました。脱出は不可能かと思われましたが、アブーが魔法のランプをジャファーから盗んでいたことが分かります。

あらすじ3:ランプの魔人ジーニー

アラジンがランプをこするとジーニーが出現。3つの願いを叶えると告げるジーニーを騙し、アラジンは願いを消費せずに洞窟から脱出しました。そして3つ目の願いでジーニーを自由にすると約束し、1つ目の願いで王子様に変身します。王子となったアラジンはジャスミンと再会。2人は最初こそすれ違いましたが、再び恋に落ちました。しかしランプを盗みジーニーの力で魔法使いとなったジャファーによって、アラジンは遥か彼方の雪山まで吹き飛ばされてしまいます。

あらすじ4:ジーニーを自由に

アラジンは一緒に飛ばされていた魔法の絨毯と共に、再びアグラバーへ戻りました。アラジンは追い詰められつつも「ジャファーの魔力よりジーニーの方が凄い」とあおります。するとジャファーは「最強のジーニーにしろ」とジーニーに願いますが、そのせいで魔人になってしまい、ランプに閉じ込められることになりました。ランプを遠くに吹き飛ばし脅威が去った後、アラジンはジーニーを自由にするように願います。最終的に自由になったジーニーは、世界を見に旅立ったのでした。

映画『アラジン(アニメ)』主要キャラクタ―紹介

アラジン|スコット・ウェインガー

本作の主人公。ダイヤの原石のようにキレイな心を持っていますが、貧しさから盗みを働き、日々なんとか暮らしています。ただし、生きぬくために盗みをしますが、貧しい人や困った人がいれば盗んだものを分け与える一面を持つ青年です。ジャファーの策略により魔法の洞窟に入り、魔法のランプを手に入れます。

<スコット・ウェインガーの主な出演作品>
フルハウス(スティーブン・ヘイル役/1987年~1995年)
フラーハウス(スティーブン・ヘイル役/2016年~2020年)

ジャファー|ジョナサン・フリーマン

アグラバーの王に使える国務大臣。王様に媚を売りつつ、裏では王国を我が物にするため、相棒のオウム・イアーゴと様々な策を企てます。魔法の洞窟に入る資格を持つアラジンを捕え、魔法のランプを手に入れた後で始末しようとしていました。非常に強欲かつ傲慢な性格で、物語のクライマックスではジーニーの力までも得ようとします。

<ジョナサン・フリーマンの主な出演作品>
ザ・アイスストーム(テッド・フランクリン役/1997年)
ザ・ハイノート(マーティン役/2016年)

ジーニー|ロビン・ウィリアムズ

ランプの魔人。1万年もの長期間に渡ってランプの中に閉じ込められていましたが、アラジンによって見つけられ、仕えることになりました。非常に陽気で明るいキャラクターであり、驚異の大宇宙パワーを持ちながらも常にジョークや歌を交えながらアラジンを支える、ムードメーカーの役割もこなします。

<ロビン・ウィリアムズの主な出演作品>
ミセス・ダウト(ダニエル・ヒラード役/1993年)
ジュマンジ(アラン・パリッシュ役/1995年)

ジャスミン|リンダ・ラーキン

アグラバーの王女。次の誕生日までに花婿を見つけて結婚するように、父であるアグラバーの王に決められていました。王女として何の不自由もない暮らしを送っていますが、まるで「囚われの身」のような生活に嫌気がさし、王宮を抜け出した際にアラジンと出会って恋に落ちます。

<リンダ・ラーキンの主な出演作品>
ジョシュア(カレン・ダンフォース役/2007年)
ノッツ(アネット役/2004年)

『アラジン(アニメ)』の注目ポイント

ディズニー屈指の人気キャラクター、ジーニー

本作の見どころとしてまず挙げられるのが、人気キャラであるランプの魔人ジーニーの存在です。ジーニーは非常にコミカルな動きと軽快なセリフで、物語を最高に盛り上げてくれます。ジーニーが登場すると、どんな場面でも必ずといって良いほど賑やかになるので、「次はどんなことをしてくれるんだろう」と終始ワクワクできるのです。そしてもちろん、魔人である彼が繰り出す魔法の数々は、ディズニーらしい夢や希望に満ちています。

物語を盛り上げる数々の名曲が楽しめる

本作の注目すべき点にはキャラクターやストーリーだけでなく、作中のいたるところに流れる名曲の数々も挙げられます。

ジーニーが歌う「Friend Like Me(フレンド・ライク・ミー)」や有名過ぎる名曲「A Whole New World(ア・ホール・ニュー・ワールド)」を抜きに、本作を語ることはできません。美しい映像や奥の深いストーリーだけでなく、魅力的な楽曲にもぜひ注目してみてください。

魔法のじゅうたんに乗って大空を飛び回る名シーンは必見

「A Whole New World(ア・ホール・ニュー・ワールド)」は、魔法のじゅうたんに乗ってアラジンとジャスミンがアグラバーの夜空を飛び回る名シーンに流れる挿入歌です。

とてもロマンチックかつ疾走感のあるシーンであり、他の作品には決して出せない、『アラジン』ならではの魅力にあふれています。初めて見る方は、感動と興奮で間違いなく何度も見返してしまうことでしょう。

あわせて観たい!『アラジン(アニメ)』オススメ類似作品を紹介!

『シンデレラ(実写)』

意地悪な継母や姉たちに虐げられながらも、懸命に生きる美しい女性に起きた奇跡を描いた映画『シンデレラ(実写)』。

主人公のエラは、継母たちに「シンデレラ(灰かぶり)」と蔑まれても希望を捨てず凛々しく生き抜いていき、最期には王子様と幸せな結婚をすることになります。

本作ではアニメ版シンデレラではあまり描かれていなかった、シンデレラの実のお母さんとの暮らしがしっかりと描かれている点にも注目です。

『美女と野獣(実写)』

美しさと知性を持ちながら周囲からは変わり者扱いされているベルと、自らの過ちにより野獣の姿になってしまった王子様とのラブストーリーを描いた映画『美女と野獣(実写)』。

ベルは野獣の城に捕えられてしまった父を助けるために、身代わりとして自分が野獣の城に残ることを決断します。

ベルの代名詞とも言える黄色いドレスを身にまとい、野獣とのロマンチックなダンスを踊るシーンは、実写版ならではの美しさに注目です。