映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のあらすじ紹介!(ネタバレあり)重要キャラや見どころポイントもご紹介

銀河の平和を取り戻そうとするレジスタンスと、銀河を支配しようとする帝国軍の残党との最後の戦いを描いた映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』。ここでは、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のあらすじや主要キャラ、見どころポイントを含めながら紹介します。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』主要キャラクタ―紹介

レイ|デイジー・リドリー

本作の主人公でレジスタンスのメンバー。以前はゴミあさりをしてひっそりと暮らしていましたが、強力なフォースに目覚めたことで反乱軍の一員として戦っていました。自身がパルパティーンの孫であることを知って大きなショックを受けます。そして隠遁生活を送ろうと考え、ルークが暮らしていた惑星オク=トーを訪れました。

<デイジー・リドリーの主な出演作品>
オリエント急行殺人事件(メアリ・デブナム役/2017年)
オフィーリア(オフィーリア役/2018年)

カイロ・レン|アダム・ドライバー

ファースト・オーダーにおける現在の最高指導者。レイをダークサイドに引き入れ、共に皇帝パルパティーンを倒して銀河の皇帝になることを目論んでいました。父であるハン・ソロの幻影から自分がなすべきことを教えられ、ライトサイドへ引き返すこととなります。

<アダム・ドライバーの主な出演作品>
ブラック・クランズマン(フィリップ・“フリップ”・ジマーマン刑事役/2018年)
ハングリー・ハーツ(ジュード役/2014年)

パルパティーン皇帝|イアン・マクダーミド

かつて栄えていた、銀河帝国の皇帝。ダース・ベイダーによって殺されていたと思われていましたが、本作では生き延びていたことが判明します。レイの祖父に当たることが知らされ、それを知ったレイはショックで隠遁生活を選択しようとしました。強大なフォースを持ち、レイとレンの力を吸い取ります。

<イアン・マクダーミドの主な出演作品>
スリーピー・ホロウ(トーマス・ランカスター医師役/1999年)
ロスト・シティZ 失われた黄金都市(ジョージ・ゴルディ卿役/2017年)

ルーク・スカイウォーカー|マーク・ハミル

ジェダイの1人で、伝説の英雄。前作でホログラムとなってカイロ・レンと戦い、力を使い果たしてフォースと一体になっていました。自分がパルパティーンの孫だということを知ってショックを受けたレイの前に現れ、落ち込んでいた彼女を励ましたうえでライトセーバーやXウィングを渡します。

<マーク・ハミルの主な出演作品>
ブリグズビー・ベア(テッド・ミッチャム役他・2017年)
キングスマン(アーノルド教授役/2014年)

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の注目ポイント

40年にも渡った壮大なシリーズが完結

本作をもって、40年以上に渡って壮大な物語が紡がれていった『スター・ウォーズ』シリーズが完結します。世界中で非常に多くのファンを持つ人気シリーズの完結編だというだけで、本作を見る価値は充分にあると言えるでしょう。また、ルークやパルパティーンなどと言った初期から出ている重要キャラクターが、全く同じキャストで登場している点も見どころの1つだと言えます。

レイが強大なフォースを持つ理由が明らかに

本作ではついに、これまで明かされてこなかったレイの出自や強いフォースの力を持っている理由が明らかになります。レイがフォースの力を持つ理由は多くのファンが疑問に思っていたところですし、様々な考察をしていた人も多い点でした。本作ではレイがフォースを使える理由がしっかりと描かれており、その事実だけでもファンにとっては必見の作品だと言えるでしょう。

過去8作品へのオマージュが盛りだくさん!

本作には、前作同様これまでに公開されてきた『スター・ウォーズ』シリーズ作品へのオマージュがいたるところに散りばめられています。意外な人物がいきなり登場して懐かしいセリフをつぶやいたり、過去作と重なるシーンがあったりと、ファンなら思わずニヤリとしてしまう演出がふんだんに盛り込まれているのです。本作だけでも十分な完成度で楽しめますが、過去作を見直しながら本作を見ることで、面白さが倍増することでしょう。