『進撃の巨人』ミカサ・アッカーマンはどんなキャラ?性格や強さ、エレンとの関係などもご紹介!

ミカサ・アッカーマンは、アニメ/漫画『進撃の巨人』の登場キャラクターです。ここではミカサのプロフィールや、強さ、エレンとの関係、名言など幅広くご紹介します。

『進撃の巨人』ミカサの名前の由来は、戦艦「三笠」

「ミカサ」という少し変わった名前は、戦艦の「三笠」からきています。

このことについては、本作の作者である諫山創が明言済み。女性キャラクターの名前を戦艦にすると人気が出るとの法則に従い名付けたとのことでした。(『エヴァンゲリオン』シリーズの「綾波」「式波」「真希波」や『涼宮ハルヒの憂鬱』の「長門」など)

三笠は、日露戦争において当時最強と言われたロシア艦隊38隻を迎え撃ち、大勝利を収めたとの史実があります。まさに、一騎当千のミカサにふさわしい名前であると言えるでしょう。

また、ミカサのモデルは諫山創がアルバイト時代に出会ったお客様であるとのこと。そしてその方が日本人だったことから、「東洋の一族」という設定になったそうです。

『進撃の巨人』ミカサは、実はアルミンにも執着している?

ミカサが大切にしている幼馴染と言えば、エレンがまず出て来るでしょう。しかし実は同じく幼馴染であるアルミンのことも、彼女は気にかけています。ミカサはアルミンを「危機的状況になるほど正解を導く力」を持っていると高く評価しており、彼が危険に陥った時にも動揺を見せているのです。例えば、ミカサは瀕死のアルミンを見捨てる判断をしたリヴァイに対し、激しい怒りを見せました。ミカサはエレンと同様に、思い込んだら誰の言うことも聞かなくなる危ない一面があります。そのため、ピンチの場面で冷静な判断をしてくれるアルミンに対して、ミカサは大きな信頼を寄せているのでしょう。

『進撃の巨人』ミカサとリヴァイの関係は?実は兄弟?

ミカサとリヴァイは、「アッカーマン」姓を持つという共通点があります。そのため「二人は実は兄妹?」との考察も多くなされました。圧倒的な身体能力・戦闘能力を持ち、しかも冷静沈着という共通点を持つ2人ですから、兄妹と言われても違和感はありません。しかし物語が進展する中で、2人は遠縁の親戚であることが分かっています。

ミカサとリヴァイの戦闘能力の高さは、アッカーマン一族の血筋によるものだとは言えるでしょう。アッカーマン一族は、人間が本来持っている「無意識に筋肉に対してかけてしまうリミッター」を外せる能力を持っています。

兄妹ではないことが分かったミカサとリヴァイ。しかし、今後も人類の最強ツートップとしての活躍が期待されます。