『鬼滅の刃』14話のあらすじ、ネタバレまとめ!重要ポイントを踏まえながら一気にご紹介

善逸を一方的に痛めつける猪の少年に対し、怒った炭治郎が立ち向かっていく第14話。猪の被り物の下には、意外な素顔が隠されていました。ここでは、『鬼滅の刃』のアニメ第14話のあらすじを主要キャラを含めながら紹介します。

アニメ『鬼滅の刃』前回のあらすじ

響凱からの血鬼術に翻弄されながらも、骨折した身体に負担をかけない呼吸を身につけていく炭治郎。そしてとうとう、響凱の頸を斬り落とすことに成功したのでした。その後、炭治郎が清やてる子と共に屋敷の外に出ると、猪の頭を被った少年が今度は善逸に暴行を加えています。善逸は禰豆子の入った木箱をかばい、猪の頭を被った少年の暴行に耐え続けていたのです。炭治郎はこの光景に怒りを覚え、猪の頭を被った少年に向かっていきます。

アニメ『鬼滅の刃』第14話 主要キャラクター紹介

竈門炭治郎(かまど たんじろう)|呼吸:水の呼吸・ヒノカミ神楽

本作の主人公で、水の呼吸を使う鬼殺隊の剣士。響凱を倒し、ようやく屋敷の外に出てきました。善逸を一方的に痛めつける伊之助をみて、とっさに攻撃を仕掛けます。

我妻善逸(あがつま ぜんいつ)|呼吸:雷の呼吸

炭治郎の同期で、雷の呼吸を使う鬼殺隊の剣士。尋常ではないビビリですが、禰豆子の入った木箱を、炭治郎のために伊之助から必死に守っていました。

嘴平伊之助(はしびら いのすけ)|呼吸:獣の呼吸

炭治郎の同期で、獣の呼吸を使う鬼殺隊の剣士。自分に向かってくる炭治郎と素手でケンカを始めます。乱暴者ですが、憎めないところがある魅力的な人物です。

炭治郎対猪の少年

木箱から離れない善逸に業を煮やした猪の頭を被った少年。ついに刀で、善逸ごと木箱を突き刺してしまおうとします。炭治郎はその状況からとっさに、猪の少年の腹部を殴りつけたのでした。鬼殺隊の剣士同士で刀を抜き争う事はご法度であり、それを簡単に破った猪の少年のことが、炭治郎は許せません。2人は素手でケンカを始めてしまいました。

まるで獣のような戦いを見せる猪の少年に戸惑う炭治郎は、少し落ち着くように彼に伝えます。しかし猪の少年は全く攻撃をやめるそぶりを見せず、困った炭治郎は頭突きを放ちました。炭治郎の頭突きをくらった猪頭の少年は、被り物が外れて素顔が露わになります。粗暴な言動とはほど遠い整った顔立ちをしている、猪の少年。

女性のような綺麗な顔に鍛え抜かれた肉体がアンバランスな少年は、名前を「嘴平伊之助」と明かし、さらに戦いを続けようとします。しかし結局、頭突きの影響で脳震盪を起こし、その場に倒れ込んでしまうのでした。

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる