『鬼滅の刃』竈門炭治郎(かまどたんじろう)とは?技や弟妹について、声優などもご紹介

『鬼滅の刃』の主人公である竈門炭治郎(かまど たんじろう)をご紹介。本記事では炭治郎の特殊な技や「水の呼吸」の型、弟妹との関係、彼を演じた声優など徹底的に解説していきます!

『鬼滅の刃』炭治郎は鬼にも優しい剣士?

炭治郎は鬼殺隊士のなかでとくに優しい心の持ち主です。無惨に家族を惨殺され、妹・禰豆子を鬼にされてもなお、人であった鬼を心から憎むことはありません。己が倒した鬼の手をとり「神様どうかこの人が今度生まれてくる時は、鬼になんてなりませんように」と祈りを込めたり、死闘を繰り広げた鬼の血鬼術を褒めたり。このような言動は作中の至るところにあります。
一方、もはや唯一の肉親である妹・禰豆子のことを溺愛しており、禰豆子を傷つける者は誰であろうとけして許しません。鬼の協力者・愈史郎(ゆしろう)が禰豆子を「醜女」と表現したときはしつこいまでに訂正を迫り、柱合会議で風柱・不死川実弥(しなずがわ さねみ)が禰豆子を刀で刺したときは相手が上官にも関わらず頭突きをかましたり、と度々暴走していました。

『鬼滅の刃』炭治郎の身体能力と特殊能力

人の身でありながら、異形の鬼どもと戦うには相当な身体能力が求められます。また、主人公である炭治郎には他の鬼殺隊士にない、彼ならではの特殊な能力も備わっているようです。

育手・鱗滝をはじめ柱たちの厳しい修行を完遂した

鬼殺隊に入隊するには剣士を育てる育手のもとで修行を積み、最終選別を通過する必要があります。炭治郎の育手・鱗滝左近次(うろこだき さこんじ)は元水柱の実力者で、相当厳しい修行を彼に課しました。その結果、彼は様々な技を身に付けます。また、作中の大詰め、無限城編の前には他の柱たちの修行も受け、すべて完遂。ついには鬼の精鋭・十二鬼月の下弦レベルの鬼であれば、一太刀のもと数匹まとめて頸を落とせるほどに腕を上げました。

獣並みの嗅覚で鬼の位置や強さ、感情まで読み取れる

炭治郎は生まれつき獣並みに鋭い嗅覚の持ち主です。匂いを嗅ぐだけで鬼の居場所を突き止められるだけでなく、その鬼の強さを判別したり、相手の感情を読み取ったりもできます。また、修行を、戦闘を重ねるほどその嗅覚は鋭くなるようで、刀鍛冶の里で上弦の肆・半天狗(はんてんぐ)に襲われたときには、鬼の身体に隠れる本体の位置まで正確にかぎ分けていました。

『鬼滅の刃』炭治郎は「水の呼吸」と「日の呼吸」の使い手

鬼殺隊員となるには、炎・水・雷・風・岩などの何かしらの呼吸法を会得する必要があります。そして、炭治郎の育手・鱗滝が元水柱なことから、彼が最初に会得した呼吸法は「水の呼吸」です。「水の呼吸」はどのような状況下にも対応できる、変幻自在な剣技を得意としています。

しかし本来、「水の呼吸」の使い手の日輪刀は刀身が「青色」に染まるものなのですが、彼の刀の刀身は「黒色」に染まりました。実はこれはすべての呼吸法の源流たる「日の呼吸」の適性を表すものなのです。後に彼は竈門家と「日の呼吸」の関係を知り、その技を会得します。

『鬼滅の刃』炭治郎と鬼の始祖・無惨との因縁

①家族を惨殺され、妹・ねずこは鬼にされる

ある日、炭治郎は正月に弟妹が食べるものを買うため、町まで薪を売りに出ます。人のいい彼は町の人々にいろいろと頼まれてしまい、帰りが遅くなり、その日は知り合いの家に泊めてもらいました。翌朝、彼が家路を急ぐと、家族は惨殺されていたのです。まだ息がある妹・禰豆子を背負い、彼は町を目指すのですが、目を覚ました禰豆子はすでに鬼と化し、彼を襲います。

このとき彼の家族を襲い、妹・禰豆子を鬼と化したのが鬼の始祖・無惨です。ここから彼と無惨との長きにわたる因縁が始まり、炭治郎は無惨を滅するべく鬼殺隊に入隊するわけです。

②耳飾りを目印に、無惨配下の鬼に狙われる

炭治郎は亡き父・炭十郎(たんじゅうろう)から受け継いだ「花札の耳飾り」をつねに着けています。実は、この耳飾りはかつて「日の呼吸」を生み出した始まりの呼吸の剣士・継国縁壱(つぎくに よりいち)のものでした。竈門家の先祖・炭吉(すみよし)が縁壱に命を救われた過去があり、その恩義を返すべく縁壱の剣技と耳飾りを後世に残すことを約束していたのです。

また、縁壱はその圧倒的な剣技で、無惨を瀕死にまで追い詰めたことがあります。そのときの敗北が無惨にはトラウマなようで、同じ耳飾りを着けた炭治郎は配下につけ狙われました。

③最終決戦で鬼の無惨により鬼化させられる

鬼と化す前の、まだ人だった頃の無惨は病弱で、つねに死と隣り合わせでした。そのため鬼と化し、強靭な肉体を得てからも「生」への執着心が強く、己をより完璧な存在にするべく太陽の光を克服する術を探します。方策のひとつとして配下の鬼を増やして、そのなかから太陽を克服する特異な鬼を生み出そうとするわけですが、その鬼こそ炭治郎の妹・禰豆子だったのです。
ただ、禰豆子は後に新たな薬で人に戻ります。そこで目をつけられたのが禰豆子の血縁で、かつ「日の呼吸」の継承者である炭治郎。無惨は彼を鬼化させ、精神を乗っ取ろうとしました。