『鬼滅の刃』竈門禰豆子(ねずこ)とは?血鬼術や鬼になった過去、炭治郎との関係などもご紹介

『鬼滅の刃』の主人公・炭治郎の妹でもある竈門禰豆子(ねずこ)をご紹介。本記事では禰豆子の血鬼術や鬼になった過去、炭治郎との関係、彼女を演じた声優など徹底解説していきます!

『鬼滅の刃』竈門禰豆子(かまど ねずこ)とは?

竈門家の長女で、主人公・竈門炭治郎(かまど たんじろう)の妹・竈門禰豆子(かまど ねずこ)。山奥で母・葵枝(きえ)と兄・炭治郎、次男・竹雄(たけお)、次女・花子(はなこ)、三男・茂(しげる)、四男・六太(ろくた)らと慎ましいながらも楽しく暮らしていました。彼女は自分の着物よりも、弟妹にお腹いっぱい食べさせることを考える優しいお姉ちゃんです。

作中では、ある日、炭治郎が町へと炭を売りにいっている間に、鬼の始祖・鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)が現れ、家族を惨殺され、禰豆子は鬼にされます。その後は、仇・無惨を倒すため、そして再び人に戻るため、彼女は兄・炭治郎とともに故郷を離れて旅に出るのでした。