『鬼滅の刃』に登場する恋柱・甘露寺蜜璃(かんろじみつり)とは?呼吸や伊黒との関係などもご紹介

『鬼滅の刃』の主人公・炭治郎が所属する鬼殺隊の柱の1人である恋柱・甘露寺蜜璃(かんろじみつり)をご紹介。本記事では甘露寺の過去や呼吸、伊黒との関係など徹底解説していきます!

『鬼滅の刃』恋柱・甘露寺蜜璃(かんろじみつり)のプロフィール

・CV:花澤香菜
・年齢:19歳 
・誕生日:6月1日
・身長:167cm
・体重:56㎏

甘露寺蜜璃は、鬼殺隊の柱の1人で恋の呼吸を使いこなす「恋柱」です。
社交的でとてもやさしい性格をしています。しかし、誰かに無視されると涙を流すなど、少し幼い面も見られるキャラクターです。
普通の人の8倍もの密度の筋肉を持っており、可憐な見た目からは想像できないほどの力持ちです。その怪力たるや、1歳2か月のころには4貫(今でいう15㎏くらい)を持ち上げ、母親が腰に抜かしたほどです。

その怪力を支えているのは常人離れした食欲で、その食欲は彼女の特徴的な髪色にも関係しています。髪の頭頂部から肩までは桜色、そこから髪先までは緑色という独特な髪色は、幼いころに大好きな桜餅を食べ過ぎたため髪色が変わってしまったのです。

まるで鞭のような日輪刀を扱う

戦闘時には、まるで鞭のようなうすくしなる日輪刀を使用します。剣に見えず、自分自身すら傷つけかねない見た目をしているのが特徴です。

しかし、自身の生まれ持った高い運動能力や関節の可動域の広さ、女性特有のやわらかさを用いて難なく使いこなします。その斬撃の速さは柱の中でもトップクラスで、肉眼では捉えられないほどです。

甘露寺蜜璃の呼吸「恋の呼吸」

甘露寺蜜璃は、「恋の呼吸」を使いこなす恋柱(こいばしら)です。恋の呼吸は甘露寺が独自に編み出したもので、「自身のときめきの感じたままに動く」という彼女しかできない動きを生み出しました。

恋の呼吸は炎の呼吸の派生です。甘露寺はもともと煉獄杏寿郎の継子でした。

煉獄との任務にあたっていた際に、これが自分に合った呼吸だと気づき、今の恋の呼吸を完成させたのです。

惚れっぽい性格

恋の呼吸を生み出せた秘訣には、彼女の惚れっぽい性格も影響しているとされます。大変惚れっぽい性格をしており、周囲の人や行動に男女問わずときめいてしまう乙女な一面を持っている女性です。

その性格が「心を燃やす」という炎の呼吸とマッチし、新たな呼吸を生み出すに至りました。

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる