『バットマン』の映画シリーズを紹介!(ネタバレあり)見どころやポイントもご紹介

DCコミックきっての人気を誇り、何度もリブート作品が制作されているダークヒーロー、バットマン。ここでは『バットマン』のあらすじや見どころポイントをご紹介します。

『ニンジャバットマン』(2018)

あらすじ

バットマンとキャットウーマンは、驚くべき知能の高さを誇るゴリラ・グロッドと闘っていました。しかし闘いの中でゴリラ・グロッドの装置が暴走し、バットマンとその仲間やヴィラン達が吸い込まれてしまいます。

バットマンが目を覚ますと、そこは見知らぬ場所でした。困惑するバットマンに、武者の格好をした者たちが現れて攻撃を仕掛けます。

バットマンは何とか逃走しましたが、装備しているアイテムがどうしても上手く使えません。バットマンは情報収集のために大きな城へ向かいましたが、そこで宿敵ジョーカーが、彼の前に立ちはだかります。

今までになかった展開と、日本のアニメーション技術による話題作

本作は、日本のクリエイターたちが手掛ける、過去の日本を舞台にしたバットマンのエピソードです。

日本を舞台に戦国大名に成り代わって各地を支配しているヴィラン達とバットマンが戦っていくストーリーは、ヒーロー映画として非常に見ごたえがあります。

ジョーカーだけでなくペンギンやトゥーフェイス、デスストロークといった有名ヴィラン達も多数登場するため、『バットマン』シリーズファンは大興奮でしょう。

また、バットマンが日本のニンジャと手を組んで戦う流れも含めて、日本人はもちろん、海外のジャパニメーションファンにも非常に響く作品だと言えるのではないでしょうか。

まとめ

これまで、映画化されたバットマンやその関連作品を一挙に紹介してきました。バットマンは公開された時代や監督によって雰囲気や人間関係等が大きく異なるため、それぞれに好みの作品やシリーズがあるのではないでしょうか。

また、今後も新たな『バットマン』シリーズが公開されていくようで、まだまだファンの楽しみが尽きないシリーズでもあります。

今後どのような作品が作られていくのか、バットマンの活躍はまだまだ必見です!