映画『スターウォーズ』シリーズの観る順番を紹介!公開順と時系列順で全11作品を網羅

ジョージ・ルーカスが生み出した架空の世界を基にルーカスフィルムが製作するアメリカのスペースオペラ映画『スターウォーズ』シリーズ。ここではシリーズ全11作品のあらすじや公開順、時系列を含めて紹介します。

作品一覧『スターウォーズ』シリーズ公開順

まず、『スターウォーズ』シリーズを公開順に並べると、以下の通りです。

作品名公開年
エピソード4/新たなる希望1977年旧3部作
エピソード5/帝国の逆襲1980年旧3部作
エピソード6/ジェダイの逆襲1983年旧3部作
エピソード1/ファントム・メナス1999年新3部作
エピソード2/クローンの攻撃2002年新3部作
エピソード3/シスの復讐2005年新3部作
エピソード7/フォースの覚醒2015年続3部作
ローグ・ワン
スターウォーズ・ストーリー
2016年スピンオフ
エピソード8/最後のジェダイ2017年続3部作
ハン・ソロ
スターウォーズ・ストーリー
2018年スピンオフ
エピソード9/スカイウォーカーの夜明け2019年続3部作

続三部作公開の合間に、旧三部作の前日譚となるスピンオフ作品が2つ公開されています。

作品一覧『スターウォーズ』シリーズ時系列順

次に、『スターウォーズ』シリーズを時系列順に並べると、以下の通りになります(カッコ内は公開年)。

  • 『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999)
  • 『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002)
  • 『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)
  • 『ハン・ソロ/スターウォーズ・ストーリー』(2018)
  • 『ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー』(2016)
  • 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977)
  • 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980)
  • 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)
  • 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)
  • 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)

新3部作『スターウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999)

新3部作『スターウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』あらすじ

全ての銀河系惑星を統治する銀河共和国では、貿易関税に関して辺境惑星の扱いをどうするかで通商連合と意見の不一致が発生。宇宙には混乱の火種が生まれつつありました。

反発した通商連合は小惑星ナブーの航路を封鎖し、ナブーの女王であるアミダラを捕らえます。共和国は争いの解決のためクワイ=ガン・ジンとオビ=ワン・ケノービをナブーに派遣し、2人は見事アミダラを救出。アミダラを連れ帰る帰路で燃料補給をすべく、惑星タトゥイーンに降り立ちます。

そして立ち寄った船の修理部品店で、クワイ=ガン達はアナキン・スカイウォーカー少年と運命の出会いを果たすのでした。

『スターウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』で当時の映像技術を最大限まで発揮したポッドレースシーンは必見

本作の見どころといえば、アナキンがクワイ=ガン達の船を修理するために参加した、大迫力のポッドレースが外せないでしょう。当時の映像技術を最大限活用して描かれたポッドレースシーンは、20年以上前の作品だったにも関わらず、疾走感やドキドキ感に溢れています。

また、今後悲しい運命をたどっていくアナキンの無邪気で楽しげな様子は、ある意味で貴重だと言えるでしょう。

新3部作『スターウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002)

新3部作『スターウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』あらすじ

惑星ナブーで起きた紛争から約10年。組織として腐敗が進んでいた銀河共和国は星々からの求心力を失い、ドゥークー伯爵を中心とした分離主義勢力が形成されていました。

これを脅威に感じた共和国は、ジェダイに頼らざるを得ない態勢を変えるべく、新たな軍隊の創設を検討し始めます。ナブーの代表議員となっていたアミダラは、軍隊設立に反対するため、惑星コルサントに到着。しかしそこで、謎の爆破テロに巻き込まれてしまいました。何とか難を逃れたアミダラでしたが、今後の安全を考え、オビ=ワンとアナキンの2人が警備につくことに。

『スターウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』マスターヨーダが動き回る!貴重な戦闘シーン!

本作における見どころの1つが、ライトセーバーを持って機敏に動き回るジェダイマスター・ヨーダの雄姿です。旧三部作を見ていたファンからすると、ヨーダは「小柄でよぼよぼしたご老人」とのイメージが強いキャラクターでした。

しかし、本作のヨーダは全く違います。かつての弟子であるドゥークー伯爵の陰謀を阻止すべく、ライトセーバーを手にして駆けつけるのです。

新3部作『スターウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)

新3部作『スターウォーズ エピソード3/シスの復讐』あらすじ

クローン戦争から3年の月日が経ち、銀河共和国は優勢を保っていました。しかし最高議長パルパティーンが独立星系連合軍に捉えられたため、オビ=ワンとアナキンが敵艦に潜入し、ドゥークー伯爵を退けて救出します。

コルトンに戻ったアナキンはアミダラが妊娠したことを知り喜びますが、この頃から彼女が死ぬ悪夢を見るようになります。しかしヨーダに相談しても、執着を捨てるように諭されるだけ。ヨーダへの不信感を募らせたアナキンはパルパティーンに同じことを相談します。すると彼は、死から人を救う唯一の方法として、フォースの暗黒面の話を持ち出すのでした。

『スターウォーズ エピソード3/シスの復讐』スーパーヴィラン ダース・ベイダーの誕生を描く

本作は、『スターウォーズ』シリーズとしてはもちろん映画史にも残るスーパーヴィラン「ダース・ベーダー」が誕生した記念すべき作品です。

アナキンは最愛の人アミダラに執着し過ぎたあまりにヨーダやジェダイたちの話を聞かなくなり、パルパティーンの甘言につられてしまいます。結局アミダラは死んでしまい、そのことを知ったアナキンは絶望して完全にダーク・サイドへ落ちてしまいました。

 本作を見ることで、旧三部作のストーリーにより深みが感じられることでしょう。

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる