甘露寺との関係や過去、名言など徹底解説

『鬼滅の刃』に登場する蛇柱・伊黒小芭内(いぐろおばない)とは?過去や名言、甘露寺との関係などもご紹介

『鬼滅の刃』の主人公・炭治郎が所属する鬼殺隊の柱の1人である蛇柱・伊黒小芭内(いぐろおばない)をご紹介。本記事では甘露寺との関係や過去、名言など徹底解説していきます!

『鬼滅の刃』蛇柱・伊黒小芭内(いぐろ おばない)のプロフィール

・CV:鈴村健一
・年齢:21歳 
・誕生日:9月15日
・身長:162cm
・体重:53㎏

伊黒小芭内(いぐろおばない)は、蛇の呼吸を操る蛇柱です。
オッドアイですが右目はほとんど見えていません。見えない右目の代わりに、幼い頃から友達あった白蛇「鏑丸」が補助してくれます。察知能力がとても高く、鬼の攻撃を小芭内に伝える役目も果たしていました。
口元を裂かれているため、鼻から下を包帯で覆っています。

蛇柱とは

伊黒小芭内は9人いる柱の1人「蛇柱(へびばしら)」です。蛇の呼吸は水の呼吸から派生した流派で、伊黒のみが使用します。青紫色のうねる刃を持つ日輪刀を使用するのが特徴です。