『七つの大罪』ホークの正体は?兄ワイルドとの関係や能力、名言もご紹介!

ホークは、アニメ/漫画『七つの大罪』の登場キャラクターです。ここでは本作のマスコットキャラ的存在で、七つの大罪に同行する「残飯処理騎士団団長」でもあるホークのプロフィールや、兄ワイルドとの関係、正体、名言などを紹介します。

『七つの大罪』ホークとは?

メリオダスが運営する酒場「豚の帽子亭」の残飯処理担当であり、人の言葉を話す、ちょっと変わった豚です。体長100cm・体重140kgと意外に大きめですが俊敏であり、メリオダス達を背中に乗せても軽やかに走ります。

闘級は30(魔力0・武力25・気力5)と本作のキャラの中でもかなり低いのですが、なぜか自分の強さに自信を持っています。実際に戦闘に参加することもあり、時には重要な役割を果たすこともありました。

物語の最序盤から登場していますが、なぜ人の言葉を話すのかなど謎の部分も多く、魅力的なキャラクターの1人です。ちなみに、自らを「残飯処理騎士団団長」と名乗っており、残飯処理の仕事に誇りを持っていることがうかがえます。

『七つの大罪』ホークの「豚の帽子亭」での役割は?

ホークは、メリオダスが運営する酒場「豚の帽子亭」において、残飯処理係を担当しています。

一見すると「残飯処理係なんて必要?」と思うかもしれませんが、特に七つの大罪の一人バン加入前は重要なポジションでした。メリオダスの料理は誰もが、びっくりするほどにまずく、お客さんは皆、食べてすぐに吐き出してしまっていたからです。そうして床に落ちた残飯を綺麗に食べて掃除するのが、ホークの大切な仕事でした。

料理上手なバンが料理を担当するようになってからは料理を吐き出す人はいないようです。しかしホークは自分のことを「残飯処理騎士団団長」と言っていることから、残飯処理の仕事に誇りを持っていると思われます。

『七つの大罪』意外と強い?!戦う豚ホーク

可愛らしい見た目のホークは物語のマスコット的な役割を果たしていますが、実は戦うことも多々あり、意外に活躍することも少なくありません。

戦闘では、回転しながらの突進技「ローリング・ハム・アタック」や高速移動による体当たり「スーパー・ロース・イリュージョン」などを駆使して戦います。リオネスでエリザベスと一緒に捕まった時は、トイレを我慢していることもあって驚くべき力を発揮し、分厚い扉を体当たりで破壊していました。

また、ヘンドリクセン戦ではメリオダスを守るために「黒死(デッド・エンド)」を身代わりで受け、死亡したかと思われましたが後に復活しました。

仲間のために勇敢な行動をとることもある点は、ホークの魅力の1つでしょう。