『進撃の巨人』リヴァイ・アッカーマンはどんなキャラ?入隊するまでの過去や強さ、名言などもご紹介!

リヴァイ・アッカーマンは、アニメ/漫画『進撃の巨人』の登場キャラクターです。ここでは乱暴で冷酷な恐ろしい性格の裏に、壮絶な過去と仲間を想う熱さをのぞかせる人類最強の男・リヴァイのプロフィールや、入隊するまでの過去や強さ、名言など幅広く紹介します。

『進撃の巨人』リヴァイ・アッカーマン(りゔぁい・あっかーまん)の名言

「お前の残した意思が俺に力を与える。約束しよう 俺は必ず!!巨人を絶滅させる!!」

巨人からの攻撃によって瀕死状態の部下に対し、リヴァイが最期にかけてあげた名言です。部下の最期に際して温かい言葉をかける姿は、それまでのリヴァイに対する冷酷で神経質、粗暴なイメージを見事に払拭してくれました。部下の死は決して無駄ではなく、その思いも受け継いで巨人との闘いに臨んでいる。そんなリヴァイの強さや覚悟が反映された、名言だったと言えるのではないでしょうか。

「躾(しつけ)に一番効くのは痛みだと思う」

裁判を行っている最中に暴れたエレンを蹴り飛ばし、リヴァイが冷酷に言い放ったセリフです。ただ単に言葉だけを追うとパワハラ上司の恐ろしい一言に思えますが、実は不利な状況からエレンを助けるために、ワザと攻撃的な態度をとっていたのでした。自分の上司には決して言われたくない言葉ではありますが、リヴァイは彼なりの思いやりを込めて最適な方法だと判断し、行動した結果なのでしょう。

「お前は間違っていない やりたきゃやれ」

女型の巨人の圧倒的な力の前に、巨人化をしようとしたエレンに対してかけた名言です。リヴァイは兵長として、部下のエレンに対し巨人化を禁じていました。そのためギリギリの状況で命令違反を犯してしまうエレンの背中を、リヴァイは力強い言葉で押してあげたのです。リヴァイは作品を通じて「後悔しないこと」に高い価値を置いており、部下であるエレンにも後悔しない生き方をするように教えています。

『進撃の巨人』リヴァイ・アッカーマン(りゔぁい・あっかーまん)の声優をご紹介

神谷 浩史(かみや ひろし)

冷酷で神経質、そして粗暴だけれど、仲間想いの熱い男でもあるリヴァイを演じているのは、神谷 浩史(かみや ひろし)です。彼は高校卒業後に役者を志し、声優養成所とは分からずに青二塾に入所。1994年ドラマCD『三國志DX4』の生徒役で声優デビューを果たしました。その後多数の作品に出演し、声優アワードの最多得票賞などを何度も受賞しています。近年でも『ワンピース』(1999~)のトラファルガー・ローや『おそ松さん』(2015~)の松野チョロ松等多数の人気キャラを演じ続ける人気声優です。

『進撃の巨人』全34巻一気にお得に読むなら?

『進撃の巨人』を電子コミックで読みたい方は「U-NEXT」がオススメです。こちらのサービスは31日間無料トライアルを利用する事ができ、付与されるポイントでコミックスを無料で試し読みする事が可能です。また国内外のドラマ、映画、アニメなど豊富な動画作品、雑誌も取り揃えられており、全て見放題で楽しめます。是非一度利用してみてはいかがでしょうか。