『鬼滅の刃』お館様・産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)とは?強さや正体、声優などもご紹介

『鬼滅の刃』の主人公・炭治郎が所属する鬼殺隊の最高位に属するお館様・産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)をご紹介。本記事ではそんな彼の強さや正体、声優など幅広く解説していきます!

『鬼滅の刃』お館様・産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)のプロフィール

産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)は、鬼殺隊の当主です。鬼殺隊の隊士からは親しみを込めて「お館様」と呼ばれていました。産屋敷家は代々鬼殺隊の当主を務めており、耀哉で97代目となります。

産屋敷耀哉の正体は鬼殺隊の最高位に属する「お館様」

産屋敷耀哉は、鬼殺隊の当主を務めています。政府非公認の組織である鬼殺隊を束ねており、組織として問題なく機能するように尽力していました。

隊士たちを「子供たち」と呼び、今まで亡くなった隊士の名前や生い立ちはすべて覚えているほど慈しんでいます。自身をあくまで鬼殺隊を構成する駒の一つと考えており、むしろ戦いに身を投じる隊士たちに敬意を払う場面もありました。

感情は常に一定で冷静かつ公平に物事を判断できる人物です。そのため鬼化した禰豆子をただ討伐するのではなく、これまでの行動を見て総合的に認めるに至りました。

産屋敷一族は代々短命の宿命を背負う

産屋敷一族は代々呪いのせいで、いずれも30歳までは生きられないという短命の宿命を背負っていました。耀哉も病に侵されており、作中初登場時には顔の上部の皮膚が変質しています。また視力を失っており、周りでお世話をする妻や子供たちに目の代わりをしてもらっていました。

遂には起き上がるのも困難になるほど病は進行してしまいます。そんな状態になっても、自身の体よりも鬼殺隊のことを気にしていました。

産屋敷耀哉の家族

耀哉には妻と5人の子供たちがいます。妻の産屋敷あまねは代々神職の家系で、産屋敷家は神職の家から血を入れることで呪いの効力を弱めていたのでした。耀哉とはお見合い結婚です。病状が悪化し当主としての役割をこなせなくなった耀哉の代理として、鬼殺隊をまとめることもありました。

産屋敷輝利哉(きりや)は5人の子供たちの中で唯一の男児で、跡継ぎです。黒髪と大きな瞳が特徴で、姉妹や母親とよく似た顔立ちをしています。病弱なため、魔よけのために女児の恰好をしていました。

産屋敷ひなき、にちか、くいな、かなたはすべて女児です。ひなきとにちかが輝利哉の姉、くいなとかなたが妹になります。姉であるひなきとにちかは父の世話をしており、妹のくいなとかなたは輝利哉の補佐を務めることが多いです。
いずれもよく似ており、みな同じ白色の髪色をしています。

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる