創造性と好奇心をつなげる
プレイリスト&カルチャーメディア
ミュージック ムービー
2023.12.15更新

[ネタバレ]映画『アナと雪の女王』のあらすじまとめ!主要キャラや見どころも一挙把握。

2人のプリンセスが真実の愛に気付き、すれ違いながらも困難を乗り越えていく映画『アナと雪の女王』。ここでは、『アナと雪の女王』のラストシーンまでのあらすじや主要キャラ、見どころポイントを含めながら紹介します。

『アナと雪の女王』の注目ポイント

王子様を待たない2人のプリンセス

本作のプリンセスであるアナとエルサは、いつ来るかも分からない王子様を待つなんてことはしません。エルサは自分のいるべき場所や、ありのままの自分を求めて1人雪山へ向かいます。そしてアナはためらいもせずエルサを追って山に入り、様々な人を巻き込んで行くのです。自分の幸せは自分で掴むと言わんばかりのアナとエルサは、これまでのディズニープリンセスとは一線を画した存在だと言えるでしょう。

「レット・イット・ゴー」だけじゃない!本作の劇中歌は名曲揃い

本作と言えば、社会現象にもなった名曲『レット・イット・ゴー~ありのままで~』を思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、本作のおすすめ曲はこれだけではないのです。幼いころのアナが歌う『雪だるま作ろう』はとても可愛らしく、切ない気持ちになる名曲であり、戴冠式の日にアナが歌う『生まれてはじめて』は本作に欠かせません。その他にも耳に残る名曲の数々が存在し、本作の魅力をさらに引き立ててくれているのです。

衣装で表現される登場人物の性格や心情

本作においては登場人物の性格や心情が、衣装で見事に表現されていると言えます。雪山で1人、自分の「ありのまま」を出したエルサは衣装や髪型をそれまでと大きく変え、氷の女王らしい冷たい雰囲気を出していました。また、アナが身にまとう衣装はどれも可愛らしいものであり、明るくフレッシュなものばかりです。クリストフが着ている衣装はいかにも山の男といった雰囲気で、オシャレには少々無頓着な印象を与えます。