映画『スパイダーマン』の映画シリーズを紹介!(ネタバレあり)見どころやポイントもご紹介

いくつもの作品が公開され、長年にわたって幅広い世代から愛され続けている「親愛なる隣人」スパイダーマン。この記事では『スパイダーマン』シリーズのあらすじや見どころポイントを含めながらご紹介します。

『アメイジング・スパイダーマン』(2012)

あらすじ

叔父夫婦に育てられた高校生ピーター・パーカーは、ある日、自宅地下室で両親のカバンを発見します。中に入っていた写真や社員証などが気になり、ピーターはオズコープ社に潜り込みました。そこで入ったある部屋でピーターは蜘蛛に噛まれ、超人的な力を手に入れることに。手に入れた力に浮かれたことを叔父さんに咎められ、ピーターは反発し、家を飛び出します。ピーターは途中でコンビニ強盗を軽い気持ちから見逃しますが、そのせいで自分を追いかけてきた叔父さんが強盗に撃たれ、命を落とすのでした。ピーターはスパイダーマンとして悪と戦いながら、叔父殺しの犯人を探そうと決意します。

よりリアルになったスパイダーマンのアクション!

本作は2000年代に作られていた『スパイダーマン』シリーズのリブート作品として大きな注目を浴びました。

進化したCG技術によってよりリアルで躍動感あるスパイダーマンのアクションを描きだすことに成功しています。

特にスパーダーマン目線でニューヨークの街を飛び回るシーンの躍動感や疾走感は素晴らしく、自分もスパイダーマンになったかのような体験をすることが可能なのです。

この作品を見て、縦横無尽にビルの間を飛び回るスパイダーマンのバーチャル体験をしてみてください。

『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)

あらすじ

ピーターが高校を卒業する頃、オズコープ社では社長のノーマン・オズボーンがなくなり、息子でピーターの幼馴染でもあるハリーが新社長に就任します。父の死因である遺伝子疾患を自らも抱えるハリーは治療のためにスパイダーマンの血が欲しいと頼みますが、ピーターはリスクを懸念して「待ってほしい」と伝えました。拒否されたと思い込んだハリーはクモの毒によって怪人「グリーン・ゴブリン」になってしまいます。怪人になったハリーは、電気を操る怪人「エレクトロ」と手を組み、スパイダーマンに襲いかかります。

衝撃のクライマックスと希望を感じるラストシーン 

本作における見どころは、何と言っても息もつかせぬアクションシーンの最後に待つ、恋人グウェンの衝撃的な死でしょう。

やっとのことで敵を退けたピーターに待っていたのは、「最愛の人を救えなかった」という残酷な現実でした。

突然の大きなショックによって、ピーターだけでなく見ている私たちも失意の底に沈められます。

そしてピーターはスパイダーマン活動を辞めてしまうのですが、生前グウェンが卒業式で行ったスピーチを聞いて勇気を取り戻し、再び新たな敵に立ち向かっていくのです。

希望を感じさせるラストシーンには、深い余韻を感じられるでしょう。