『鬼滅の刃』16話のあらすじ、ネタバレまとめ!重要ポイントを踏まえながら一気にご紹介

炭治郎と伊之助がコンビを組んで那田蜘蛛山の鬼と戦う第16話。理不尽な鬼のやり方に怒りを覚えた炭治郎たちは、連携して戦うことに。ここでは、『鬼滅の刃』のアニメ第16話のあらすじを主要キャラを含めながら紹介します。

アニメ『鬼滅の刃』前回のあらすじ

藤の花の家紋の家で束の間の休息を取った炭治郎達は、鎹鴉の伝令に従い那田蜘蛛山へと向かいます。那田蜘蛛山では先輩隊員である村田と出会いますが、直後に他の先輩隊員達から攻撃を受ける炭治郎たち。先輩隊員の身体から糸が出ていることに炭治郎が気付き、伊之助が「獣の呼吸・漆ノ牙・空間識覚」を繰り出し、辺りを探索します。そして伊之助は、糸によって隊員たちを操る、鬼の姿を見つけ出しました。

アニメ『鬼滅の刃』第16話 主要キャラクター紹介

竈門炭治郎(かまど たんじろう)|呼吸:水の呼吸・ヒノカミ神楽

本作の主人公で、水の呼吸を操る鬼殺隊の剣士。那田蜘蛛山に向かったところ、鬼殺隊員達によって襲われました。伊之助と共に、隊員達を操っている鬼の元へと向かいます。

嘴平伊之助(はしびら いのすけ)|呼吸:獣の呼吸

炭治郎の同期で、獣の呼吸を操る鬼殺隊の剣士。母蜘蛛の鬼の居場所を突き止め、炭治郎と共に向かいます。暴力的なところが目立っていましたが、少しずつ心境に変化が出てきている様子。

母蜘蛛の鬼

那田蜘蛛山に潜む鬼。累からは「母さん」と呼ばれているが、実際にどういった関係なのかは不明です。累が言う「お父さん」の存在を恐れており、何とかして早急に炭治郎たちを仕留めようとしています。

累(るい)

那田蜘蛛山に潜む鬼。鬼殺隊員たちを糸で操る鬼を「母さん」と読んでおり、他にも家族がいることをほのめかしています。

隊員達を操る鬼に近づいていく炭治郎たち

鬼の糸によって操作されている隊員たちの攻撃を避け続ける炭治郎たち。仲間である隊員達を攻撃することができず、対応に苦慮して先に進めません。しかしそこへ、那田蜘蛛山で出会った先輩隊員の村田が駆け付けます。村田は「ここは自分が引き受ける」と告げ、炭治郎たちを先に行かせてくれました。

その頃、隊員達を操る女性の鬼の元には、少年の鬼が近づきます。「母さん」「早くしないとお父さんに言いつけるから」と少年の鬼が告げると、女性の鬼はひどく怯えた様子になりました。

操られる人間の痛みなど全く気に留めず、糸を思い切り引く母蜘蛛の鬼。炭治郎と伊之助が母蜘蛛の鬼に近づくほど、操られている隊員の攻撃は激しさを増します。何とかして隊員達を助け出したい炭治郎は、彼らを木に投げ飛ばし、枝に糸をかけて操れなくする方法を編み出しました。次々と隊員たちを木に投げ飛ばし、操れなくしていく炭治郎と伊之助。その様子を見ていた母蜘蛛の鬼は、「もうあの人形を出すしかない」とつぶやくのでした。

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる