『アナと雪の女王2 』オープニングテーマ、エンディングテーマ、挿入歌まとめ

社会現象にもなった前作に続きヒットした大作『アナと雪の女王2 』の主題歌、挿入歌などを英語版・日本語版ともにまとめてご紹介!

「みせて、あなたを」

 日本語版「みせて、あなたを」

「みせて、あなたを」は、アートハランの奥底に足を踏み入れたエルサが、水の記憶から不思議な力の秘密に対する答えを知ってしまった時に歌った曲です。日本語版の劇中歌はエルサ役の松たか子とエルサの母エドゥナ役の吉田羊が歌っており、エドゥナが歌う「魔法の川の子守唄」と一部ミックスさています。

エルサが不思議な力を持ったために今まで散々悩んできた思いや、未来に対して強く惹かれる思いが込められた、『アナと雪の女王』シリーズにとっても重要性の高い歌です。

英語版「Show Yourself」

英語版「Show Yourself」を歌っているのはエルサ役のイディナ・メンゼルとイドゥナ役のエヴァン・レイチェル・ウッドです。英語版の歌詞では、不思議な力に対して届いてもつかめない存在だと思いながら、「前から知っている友達」や「家」のように懐かしく感じている思いを吐露しています。不思議な力や亡き母に対する強い思いが感じられる、非常に美しい歌詞の曲だと言えるでしょう。

「わたしにできること」

日本語版「わたしにできること」

「わたしにできること」は、オラフがいなくなりエルサが氷漬けにされてしまった際に、アナが自分を勇気づけてできることをしようとする姿を描いた歌です。日本語版では、アナ役の神田沙也加がアナの持つ意志の強さを歌い切りました。

愛する者たちが次々と消えていってしまい孤独に押しつぶされそうになりながらも、「歩くことならできる 今の私でも」と懸命に前進もうとする心情を描いています。

英語版「The Next Right Thing」

英語版「The Next Right Thing」を歌ったのは、アナ役のクリスティン・ベルです。英語版の歌詞では「私の知っていた人生はもう終わった」とまで描き切って絶望感を表現し、大きな不安に押しつぶされそうになる自分を励まし前に進むアナの強さを描いています。

自分ではどうしようもないことに心をくじかれ落ち込んでしまった時にぜひとも聞いてほしい、静かですが力強い名曲です。

「ずっとかわらないもの」

日本語版「ずっとかわらないもの」

「ずっとかわらないもの」は前作から3年後が経ち、変らない平和に幸せを感じつつ、変わりゆく季節の中でも変らない友情を確認しあうようにアナ達が歌った曲です。日本語版ではアナ役の神田沙也加とオラフ役の竹内駿輔、エルサ役の松たか子とクリストフ役の原慎一郎が一緒に歌いました。

アナとオラフの可愛らしいやり取りから始まり、プロポーズをすると決めたクリストフの決意や、胸のざわつきを覚えたエルサの心情を1つの曲に上手く盛り込んでいます。

英語版「Some Things Never Change」

英語版「Some Things Never Change」を歌ったのは、アナ役のクリスティン・ベルとオラフ役のジョシュ・ギャッド、エルサ役のイディナ・メンゼルとクリストフ役のジョナサン・グロフです。

何かが少しずつ変っていってしまうことに漠然とした不安を覚えつつも、今の幸せが永遠に続くようにと元気に歌っている様子が、楽しい中に切なさも感じさせます。

今後待ち受けている運命を全員が予感している様な歌詞に、観客の方も不安感を覚える曲です。

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる