創造性と好奇心をつなげる
プレイリスト&カルチャーメディア
ミュージック ムービー
2023.12.15更新

映画『ライオン・キング3 ハクナ・マタタ』のあらすじ紹介!(ネタバレあり)重要キャラや見どころポイントもご紹介

プライドランドの凸凹コンビ、「ティモンとプンヴァ」の出会いを楽しく描いた映画『ライオン・キング3 ハクナ・マタタ』。ここでは、『ライオン・キング3 ハクナ・マタタ』のあらすじや主要キャラ、見どころポイントを含めながら紹介します。

『ライオン・キング3 ハクナ・マタタ』の注目ポイント

『ライオンキング』の裏話という位置づけの異色作

本作の題名は『ライオンキング3』であり、シリーズの正当な続編であることを示すナンバリングタイトルを受けています。しかし実際のところは、シリーズ最初の作品である『ライオンキング』の裏で起きていたティモンとプンヴァの出会いや冒険を描いている作品なのです。『ライオンキング』を見た人であれば、「あのシーンの裏ではこんなことが起きていたのか!」などと楽しめることは間違いありません。

ティモンとプンヴァの出会いが明らかに!

本作を見ることで、それまでハッキリと描かれていなかった、ティモンとプンヴァの出会いの秘密が明らかになります。ティモンが群れから離れて1頭になった理由や、プンヴァが1頭でいる理由をはっきりと確認できるのは、本作のみでしょう。そして動物の種類も大きさも、何もかもが異なるはずの2匹が行動を共にするようになった理由も、本編でしっかりと描写されています。

ラストのディズニーキャラ大集合に大興奮!

本作では過去の映像をティモンとプンヴァが映画館で見ているという形で、物語が進められていきます。そのため、時々勝手に2人がストップをかけるなど、メタ的な要素があって楽しいのです。特にラストにはディズニーキャラたちが映画館へ押し寄せてくる、ディズニーファン必見のシーンがあります。ドナルドやグーフィー、白雪姫やランプの魔人ジーニーなど超有名キャラクターたちの共演は、本作の隠れた名シーンと言えるでしょう。