映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のあらすじ紹介!(ネタバレあり)重要キャラや見どころポイントもご紹介

銀河の平和を取り戻そうとするレジスタンスと、銀河を支配しようとする帝国軍の残党との最後の戦いを描いた映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』。ここでは、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のあらすじや主要キャラ、見どころポイントを含めながら紹介します。

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が視聴できる配信サービスは?

配信サービス料金配信形態無料トライアル
Disney+ (ディズニープラス)990円/月定額見放題
U-NEXT399円〜レンタル31日
クランクイン!ビデオ440円〜レンタル14日
dTV400円〜レンタル
TSUTAYA TV/DISCAS409円〜レンタル30日
ビデオマーケット220円〜レンタル初月
music.jp220円〜レンタル
Amazonプライムビデオ199円〜レンタル
GYAO!ストア399円〜レンタルなし
2021年3月時点

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』あらすじ

あらすじ1:シスの謎

スノークを葬りファースト・オーダーの最高指導者となったレンは、復活した皇帝パルパティーンがいる居場所を探っていました。一方のレジスタンス側もシスの星を探し、惑星パサーナにて古代文字が刻まれた短剣を見つけます。C-3POなら古代文字の解読が可能ですが、それにはメモリを初期化して改造しなくてはなりません。レジスタンスは泣く泣くC-3POを改造し、情報を入手。およそ30年前に壊滅した第2デス・スターの残骸の調査に向かいます。

あらすじ2:ダークサイドからの脱却

第2デス・スターの残骸に単身向かったレイは、そこでパルパティーン皇帝の居場所を指し示すコンパスを入手します。しかしその場へレンが登場し、コンパスを破壊してしまいました。交戦の末にレンを倒したレイは、フォースの力で彼を癒し飛び立ちます。そしてレンの前には父ハン・ソロのヴィジョンが出現。レンをダークサイドから脱却させるのでした。一方、レイの元へもルーク・スカイウォーカーのヴィジョンが現れ、レイアのライトセーバーとコンパスを渡されます。

あらすじ3:皇帝パルパティーンとの闘い

ルークからパルパティーンの元へ向かうように言われたレイは、惑星エクセゴルへ到着します。そこでパルパティーンと対決したレイでしたが、彼の圧倒的な力の前になす術がありません。その時、ダークサイドから脱却したレンが駆け付け、パルパティーンと交戦。しかしやはり力及ばず、突き落とされてしまいました。これに怒ったレイは2本のライトセーバーを使って全力でパルパティーンを討伐し、力尽きて死んでしまいます。

あらすじ4:レイ・スカイウォーカー

その頃、彼女の後を追って来ていたレジスタンス軍も苦戦。しかしそこへ奈落へ落ちたはずのレンが登場し、持てる力を全て使ってレイに力を送り込みます。レイは復活しましたが、レンが力尽きて絶命。レジスタンス軍は援軍によって勝利しました。銀河に平穏が訪れ、故郷に帰ったレイはライトセーバーを地面に埋めます。そして通りかかった現地の人に「あなたは誰?」と尋ねられ、「レイ・スカイウォーカー」と答えました。タトゥイーンの空には、二つの夕日が浮かんでいます。