海外ドラマ『LUCIFER/ルシファー』シーズン1~5(完結)あらすじ・主要キャラクターまとめ(ネタバレ)

地獄の支配者であることに飽きた悪魔ルシファーが、美人刑事とタッグを組んで事件を解決していく、漫画が原作の人気海外ドラマ『LUCIFER/ルシファー』。ルシファーと美人刑事の掛け合いが面白い『LUCIFER/ルシファー』全シーズンのあらすじと主要キャラクターをご紹介!

『LUCIFER/ルシファー』シーズン2 前半 あらすじ

『LUCIFER/ルシファー』シーズン2 1話〜5話

シーズン1の最後で、ルシファーとアメナディエルの母親が地獄から逃げ出したことが発覚します。ルシファーは父親に母親を地獄に戻すと約束していたので、母親の捜索を始めました。ルシファーの母親はシャーロット・リチャーズという弁護士の体に憑依していました。シャーロットは、ルシファーの元へ自ら向かい、助けを求めます。ルシファーは母親を裏切ったことがあったので、その復讐をされると思っていたのですが、実際は違いました。

その頃、クロエはルシファーが本当に悪魔なのではないかと疑いを持ち始めます。ルシファーはクロエに自分は悪魔だといっていました。しかし、クロエは信じていませんでした。しかし、母親を名乗るシャーロットも人間の姿をしており、ルシファーも人間のようにしか見えないのですが、本当に悪魔なのではないかと思い始めたのです。

アメナディエルはなんとかクロエを誤魔化そうとするのですが、その際に天使としての力が弱まっていることに気づきます。翼にまで異変が現れてしまい、悲しみの淵に落とされました。

シャーロットは神である父親の怒りからルシファーを守るために、ルシファーを地獄に送ったことを打ち明けました。そんなシャーロットをルシファーは、地上に留まらせることにします。アメナディエルはルシファーに対して、父親との約束を破ってしまうとクロエの命が危ないと告げるのですが、ルシファーには聞き流されてしまいました。

そんな中、クロエの車が衝突事故にあいます。そこで天界からルシファーの弟のウリエルがやってきていることを知り、ウリエルに24時間以内に母親を地獄に戻さなければクロエを殺すと宣言されます。

ルシファーとアメナディエルは、ウリエルと戦うことになりました。しかし、アメナディエルは天使としての力を大きく失っているため、ウリエルにはかないません。助けにきてくれたメイズも強大な力をもつウリエルに倒されてしまい、ルシファーも苦戦を強いられます。

しかし、ウリエルがシャーロットを殺そうとしていることを知ったルシファーは、シャーロットを守るためにウリエルを殺害しました。

『LUCIFER/ルシファー』シーズン2 後半 あらすじ

『LUCIFER/ルシファー』シーズン2 6話〜18話

クロエの父親を殺害した犯人が出所することが明らかになります。クロエはその犯人を許すことができていないので、彼を尾行することにするのですがクロエも事件の容疑者になってしまうのです。

ウリエルを殺したことを引きずっているルシファーですが、クロエの容疑を晴らすためにダンと動き始めます。クロエは父親殺しの犯人が別にいると確信し、真犯人を捕まえることに成功しました。

一件落着かのように思われましたが、次の事件が発生します。ウリエルの亡骸と一緒に埋めたアズラエルの剣が人間の手に渡ってしまったのです。剣の力によって殺意が増幅したその人間は、殺人事件を起こしてしまいます。そしてその剣はダンの手に渡ることとなり、ダンはルシファーを殺そうとしました。なんとかダンは正気を取り戻し、剣の力に抗うことができたためルシファーは無事でしたが、剣が危険なだということに変わりはありません。ルシファーはその剣を人間に渡した犯人が、自分の母親であるシャーロットであることを知ります。シャーロットは神の気をひくために剣を人間に渡したのでした。

シャーロットは家族みんなで天界に戻るために戻るために、邪魔なクロエを殺そうとします。アメナディエルはそんなシャーロットの姿をみて、35年前祝福を与えた子供のできない夫婦がクロエの両親であることに気づきました。

クロエとルシファーはそのような事実に気づかず、愛を深めていきます。そして気持ちが通じ合ったタイミングで、クロエが神である父親が用意した存在であることが明らかになったのです。それが理由でクロエにはルシファーの力が及ばなかったのです。

そして事件によってクロエは毒に犯されてしまいます。クロエを助けるために、ルシファーは既に死んでいる犯人の元へ向かいました。ルシファーは地獄から生還すると、クロエを助けることに成功します。

しかし、クロエが目を覚ました時には、ルシファーはいなくなっていたのでした。