映画/ドラマ『ハンニバル』全シーズンあらすじ・主要キャラクターまとめ(ネタバレ)

『ハンニバル -羊たちの沈黙-』に始まり、『レッドドラゴン』『ハンニバル・ライジング』の一連作品で知られる『ハンニバル』シリーズ。本記事では、ドラマ『ハンニバル』を中心に映画も解説。人食い殺人鬼の「ハンニバル・レクター」による猟奇的なシーンが魅力的なドラマ『ハンニバル』全シーズンと関連作品のあらすじと主要キャラクターをご紹介!

「ハンニバル」の主要キャラクター紹介

ハンニバル・レクター /マッツ・ミケルセン(ドラマ版)

非常に優秀な精神科医でありながら、猟奇殺人犯である。カニバリズム的な思想を持っているため、殺害した人間の臓器を食べる。マッツ・ミケルセンは『プッシャー』(1996年)似て劇場映画デビューを果たし、2004年にはハリウッドにも進出した。

ウィル・グレアム/ヒュー・ダンシー

犯罪プロファイラーであり、相手の思考と共感するという特殊な能力を持っている。それ故に精神的な負担を抱えやすい。ヒューダンシーは『ブラックホーク・タウン』(2001年)でハリウッドに進出し、有名ブランドであるバーバリーのモデルを務めていた。

ジャック・クロフォード/ ローレンス・フィッシュバーン

FBI行動科学課のヘッドであり、ウィルの同僚。ローレンス・フィッシュバーンは、12歳の頃からソープ・オペラに出演していた俳優であり、ブロードウェイの舞台にも立ったことがある。『レッドブル』(1988年)に出演したことによって、知名度を飛躍的にあげた。

ハンニバル・レクター/アンソニー・ホプキンス(映画版)※青年時のキャストはギャスパー・ウリエル

映画版では最初から犯罪者として投獄されており、ドラマ版よりも残忍なキャラクターとして描かれている。アンソニー・ホプキンスはハンニバル・レクター役でアカデミー賞を受賞したことがある。ギャスパー・ウリエルは『ジェヴォーダンの獣』(2001年)で映画デビューを果たした。

クラリス・スターリング/ジョディ・フォスター(羊たちの沈黙)ジュリアン・ムーア(ハンニバル)

FBI訓練生の中でも非常に優秀であり、特別捜査官に任命されたことによってハンニバルと関わっていくことになる。ジョディ・フォスターは『羊たちの沈黙』によってアカデミー主演女優賞を受賞した。ジュリアン・ムーアは英国アカデミー賞やゴールデングローブ賞などを受賞した経験がある。

メイスン・ヴァージャー/ゲイリー・オールドマン

ハンニバルの被害者の中で、数少ない生存者であり、ハンニバルの殺害に対して並々ならぬ執念を抱いている。ゲイリー・オールドマンは、『ウィンストン・チャーチヒル/ヒトラーから世界を救った男』でアカデミー賞主演男優賞を受賞した。