ドラマ『100日の郎君様』全16話あらすじまとめ!重要キャラを踏まえながら最新話までを一気にご紹介

『100日の郎君様』は2018年9月10日から10月30日までの間に韓国のtvNで放送されたテレビドラマ。2019年7月からはNHKでも放送され、大人気を博しました。 ここでは『100日の郎君様』全16話のあらすじを主要キャラを含めながらご紹介します。

第7話|ドラマ『100日の郎君様』

ウォンドゥクはホンシムをさらった男たちを木の枝一本で撃退。これを受けて、ホンシムは彼の正体に疑問を持ち始めます。そしてウォンドゥクの方も、ひょんなことからホンシムの正体に疑問を抱くようになりました。一方ジェユンは世子捜索の証拠について調べていく中で橋然堂に入ったことで捕まり、拷問を受けることに。

第8話|ドラマ『100日の郎君様』

養父ヨンからウォンドゥク本人ではなく記憶を失った関係のない別人と知らされ、ホンシムはショックを受けます。しかし既に彼に対して特別な感情を抱いているため、本人には本当のことを言えません。また、妹の結婚相手が世子ユルだと知ったムヨンは、全く関係のない男の手を持ち帰り、キムを欺きます。その頃宮殿では、中殿である王妃パクを廃位させる動きが高まっていました。

第9話|ドラマ『100日の郎君様』

ホンシムによってウォンドゥクは自分が正体不明の人物だと知り、傷つきます。記憶を取り戻すため漢陽に向かうこととなったウォンドゥクは、帰りの山中でムヨンから襲撃を受けました。ムヨンを退けたウォンドゥクでしたが、彼から自分の素性を聞き出そうとします。しかし彼はホンシムがいる村へに帰り、彼女にキスをしました。

第10話|ドラマ『100日の郎君様』

ウォンドゥクとして生きると決めたユル。しかし宮殿ではユルが生きているとの噂が流れだします。徐々に記憶が戻り始めるウォンドゥクに不安を覚えるホンシム。「この先ずっと兄から隠れる生活になるがそれでも良いのか」と聞くホンシムを、ウォンドゥクは強く抱きしめました。その頃、ジェユンはウォンドゥクの書いた字を見て、彼が亡くなったユルではないかと疑います。

第11話|ドラマ『100日の郎君様』

ウォンドゥクはホンシムにプロポーズし、幸せの絶頂です。一方、王はキム左議政に刺客を送りますが失敗し、彼の影に怯えるように。村ではウォンドゥクとホンシムが2人で端午祝祭の花火を見ていました。しかし、気付くとホンシムがいません。ホンシムを探していると男達に取り囲まれ、キム左議政が現れます。キムはひざまずき、「宮殿へお戻りを、世子様」と告げるのでした。

第12話|ドラマ『100日の郎君様』

ユルを操り実権を握ろうと考えたキムは、彼を宮殿に連れていきます。宮殿ではユルの弟ソウォン大君の冊封式が行われていましたが中止に。一方、ホンシムはムヨンにさらわれており、彼からユルの正体を聞かされました。叶わぬ恋と知ったホンシムは、悲しみにくれます。そしてユルは元の生活に戻ろうとしますがホンシムのことが忘れられず、彼女の家に向かいました。