創造性と好奇心をつなげる
プレイリスト&カルチャーメディア
ミュージック ムービー
  1. DM
  2. HOWTO
  3. U-NEXT
  4. U-NEXTの画質は良い?画質を変更する方法を解説
HOWTO MOV
2024.04.03更新

U-NEXTの画質は良い?画質を変更する方法を解説

U-NEXTの画質は通信環境やデバイスに合わせて4段階から設定することができます。4K画質に対応している作品もあるので高画質での視聴も可能です。今回はU-NEXTで画質を変更する手順や画質が悪い時に試したい対処方法などをご紹介します。

U-NEXTの画質はどれくらい?

U-NEXTは、月額2,189円(税込)で31万本以上の映像作品が見放題の定額制動画配信サービスです。そんなU-NEXTの画質は最大で「フルHD(1080p)」に対応しています。

フルHDは、Blu-rayと同等の画質で、スマホやタブレットで見てもテレビの大画面で見ても解像度が高く美しい映像を楽しむことが可能です。

U-NEXTは4段階の画質から選択可能

U-NEXTでは「自動」「最低画質」「低画質」「高画質」の4段階の画質から選択することができ、動画を視聴する通信環境に合わせて設定することが可能です。

「最低画質」は約12時間の再生、「低画質」は約4.5時間の再生、「高画質」は約0.5時間の再生でそれぞれ1GB分の通信量を消費します。

低画質にするほど画質の粗さが目立ってしまうものの、Wi-Fiに接続していない時など通信量を抑えたい時には便利です。

U-NEXTは4K画質にも対応

U-NEXTはBlu-rayの4倍の画素数を誇る超高画質の4Kにも一部作品が対応しています。

U-NEXTの4K作品はコンテンツ数がまだ少なく、4K対応デバイスでないと視聴することができませんが、ワンランク上の画質で動画を見ることが可能です。

また、他にもU-NEXTではより鮮やかで明暗のはっきりした映像を表現できるハイダイナミックレンジ(HDR)画質に対応した作品も登場しています。

4K画質に設定する方法は?

Androidデバイスで4K画質に設定するには以下のステップを踏みます。

[1] U-NEXTアプリを開いて右上のアカウントマークを選択します。
[2] 「アプリ設定」を選択します。
[3] 「プレーヤー設定」を選択します。
[4] 「4K/HDRの再生を有効にする」をオンにします。

iPhoneやiPadでは4Kで視聴することはできないため、ご注意ください。

U-NEXTで画質を設定する方法

それでは、実際にU-NEXTで画質を変更する手順を端末別にご紹介します。設定方法はとても簡単です。

iPhoneで画質を設定する

[1] iPhoneで画質を変更する場合は、U-NEXTアプリを開き、ホーム画面で右上のアカウントマークを選択します。

iPhoneのU-NEXTアプリでアカウントマークを選択している画像

[2] 「アプリ設定」を選択します。

「アプリ設定」を選択している画像

[3] 「プレーヤー設定」を選択します。

「プレーヤー設定」を選択している画像

[4] 「再生画質」という項目で「通常再生(モバイル回線時)」「通常再生(Wi-Fi回線時)」「ダウンロード」のいずれかを選択します。

通信環境に合わせた再生画質を選択する画面

[5] 「通常再生(モバイル回線時)」と「通常再生(Wi-Fi回線時)」の画質は「自動」「最低画質」「低画質」「高画質」の4種類から選択可能です。

「ダウンロード」の画質は「標準」か「高画質」のいずれかを選択可能です。

ダウンロード時の画質を選択する画面

Android端末で画質を設定する

[1] Android端末で画質を変更する場合は、U-NEXTアプリを開き、右上のアカウントマークを選択します。

Android版U-NEXTアプリでアカウントマークを選択している画像

[2] 「プレーヤー設定」を選択します。

「プレーヤー設定」を選択している画像

[3] 「再生画質」の項目から「通常再生(モバイル回線時)」「通常再生(Wi-Fi回線時)」「ダウンロード」のいずれかを選択します。

通信環境に合わせた再生画質を選択する画面

[4] 「通常再生(モバイル回線時)」と「通常再生(Wi-Fi回線時)」は4段階の画質から選択することが可能です。

ダウンロード時の画質は「標準」か「高画質」を選択することが可能です。

ダウンロード時の画質を選択する画面

PCで画質を設定する

[1] PCで画質を変更する場合は、ブラウザでU-NEXTの公式サイトにアクセスし、お好きな動画を再生します。

[2] 再生画面に表示される右下の歯車マークを選択します。

パソコンのU-NEXTの再生画面で歯車アイコンを選択している画像

[3] すると、画質を「自動」「低画質」「高画質」の中から選択可能です。

パソコンのU-NEXTの画質を選択する画面

U-NEXTの画質に関する注意点

U-NEXTの画質設定は便利な機能ですが、利用するにあたってはいくつか注意点があります。ここでは、U-NEXTの画質に関して抑えておくべきポイントをご紹介します。

テレビでは画質変更できない

U-NEXTはスマートテレビやAmazon Fire TV Stick、Apple TV、Chromecastなどを利用すればテレビの画面でも視聴可能ですが、画質を変更することはできません。

ただし、スマホやタブレット、PCをHDMIケーブルでテレビに接続すればデバイス側で画質を設定することは可能です。

4K作品の視聴には対応デバイスが必要

U-NEXTで配信されている4K画質の再生には専用の対応デバイスが必要になります。現在U-NEXTの4Kの動画を視聴できるデバイスは以下の通りです。

  • Androidスマートフォン/タブレット
  • Chromecast Ultra
  • Amazon Fire TV
  • Amazon Fire TV Stick 4K
  • Amazon Fire TV Stick 4K Max
  • Amazon Fire TV Cube
  • Android TV 機能搭載デバイス
  • FUNAIテレビ(18年モデル以降)
  • LGテレビ(16年モデル以降)
  • パナソニックVIERA(17年モデル以降)
  • PlayStation®5

Android端末で4K画質の動画を再生する場合は、あらかじめU-NEXTアプリで設定をしておきましょう。

ホーム画面のアカウントマーク>「プレーヤー設定」>「4K/HDRの再生を有効にする」の項目をオンにすることで4K画質を再生可能です。

データ通信量に注意する

U-NEXTは高画質のフルHDで作品を視聴することができますが、画質が良くなるほどデータ通信量を多く消費する点にご注意ください。

Wi-Fiに接続できる場所でU-NEXTを利用する分には高画質設定でも問題ないと思いますが、外出先などでモバイルデータ回線を使用して動画をストリーミング再生する場合は低画質に設定しておくことをおすすめします。

また、ダウンロード時の画質は高画質にするとデバイスの空き容量を消費しますので、ストレージに余裕がない場合は「標準」画質に設定しましょう。

U-NEXTの各画質設定でかかる通信量は以下の表の通りです。

画質通信量(30分の再生)通信量(1時間の再生)通信量(2時間の再生)通信量(3時間の再生)
自動通信状況に応じて変動通信状況に応じて変動通信状況に応じて変動通信状況に応じて変動
最低画質約40MB約80MB約160MB約240MB
低画質約100MB約200MB約400MB約600MB
高画質約1GB約2GB約4GB約6GB

U-NEXTで画質が悪いと感じた時の対処方法

「U-NEXTの画質が悪くなってしまった」「画質が粗いまま再生されてしまう」と感じた場合は、次にご紹介する対処法をお試しください。

インターネットの接続環境を見直す

画質が悪い時にまず確認すべきことはインターネットの接続状況です。

U-NEXTでは公式にて、標準画質で1.5Mbps以上、高画質で3Mbps以上の回線速度を推奨しています。こちらの通信速度を下回ってしまうと画質が低下する原因になってしまいます。

画質が粗いと感じた際は、一度U-NEXTの再生を停止し再度インターネットに接続し直しましょう。デバイスとインターネットを再接続する手順は以下の通りです。

[1] デバイスを機内モードにし、Wi-Fiをオフにします。
[2] 必要な場合はWi-Fiモデムとルーターの電源を落とし再起動させましょう。
[3] しばらく時間をおいて、デバイスの機内モードをオフにしWi-Fiに再接続します。
[4] ブラウザを使用して検索ができるかお試しください。問題なく検索ができるようであれば、再びU-NEXTにアクセスして動画を再生してみましょう。

ダウンロードしてから視聴する

通常のストリーミング再生は、その時のインターネットの通信状況に左右されてしまうため、画質が安定しないことがあります。

その場合は、見たい動画をダウンロードしておくことで通信速度の影響を受けずに視聴することが可能です。ただし、ダウンロードする前に画質の設定は済ませておきましょう。

[1] U-NEXTで動画をダウンロードするには、作品の詳細画面で再生ボタンの右横の「↓」マークを選択します。

U-NEXTアプリでダウンロードボタンを選択している画像

[2] 「↓」マークが緑色の「✓」マークに変わったらダウンロード完了です。「ライブラリ」の「ダウンロード済み」から動画を再生しましょう。

U-NEXTで作品のダウンロードが完了した画面

有線LANに接続して視聴する

PCやインターネットに接続できるスマートテレビならLANケーブルでWi-Fiルーターと直接接続するという方法もあります。

有線LANに接続することで通信速度が安定し、画質を落とすことなく動画を視聴できる可能性があります。

U-NEXT以外のアプリやブラウザを終了させる

U-NEXTの動画を視聴する際に、他のアプリやブラウザのページを開いていると端末の動作が重くなり画質が低下してしまう原因になることがあります。

そのため、作品を良い画質で楽しみたい場合は、U-NEXT利用中は他のアプリやブラウザを終了させてから見るようにすることをおすすめします。

デバイスを再起動させる

お使いの端末の一時的な不具合で画質が悪くなってしまった可能性が考えられる場合は、デバイスを一度再起動させてみましょう。

再起動後、安定したネットワーク環境に接続できる場所で再度U-NEXTの動画を再生してみてください。

U-NEXTと他サービスの画質を比較

U-NEXTはフルHDや一部4K画質で動画を視聴できるサービスですが、他の動画配信サービスの画質とも比較して検討したいという方もいらっしゃると思います。

こちらでは、U-NEXTとその他のサービスの基本情報や画質を表で確認してみましょう。

サービス名U-NEXTHuluNetflixディズニープラスAmazon Prime VideoApple TV+
月額料金2,189円1,026円・790円(広告つきスタンダード)
・1,490円(スタンダード)
・1,980円(プレミアム)
・990円(スタンダード)
・1,320円(プレミアム)
・600円(個人)
・300円(学生)
900円
配信作品数31万本以上14万本以上非公開21,000作品以上非公開非公開
画質・自動
・高画質
・低画質
・最低画質
・最高画質
・高画質
・中画質
・低画質
・最低画質
・スタンダード:フルHD
・プレミアム:UHD 4K
・スタンダード:フルHD
・プレミアム:4K UHD&HDR
・標準画質
・高画質
・最高画質
・4K
・HDR10
・DOLBY VISION
無料トライアル
期間
31日間なしなしなし30日間7日間
※料金は税込み価格です

U-NEXT以外のサービスも複数の画質から選択することができる機能が備わっています。

NetflixのプレミアムプランやディズニープラスなどはU-NEXTと同じく、通常画質よりさらに美しくきめ細やかな映像の4K画質を楽しむことが可能です。

また、Apple TV+では4Kに加えてドルビービジョンに対応している作品も配信されており、画像の持つ色やダイナミックレンジを強調したよりリアリティあふれる映像をお楽しみいただけます。

無料トライアル期間が設けられているサービスもありますので、まずはお試しでそれぞれのサービスの画質がどれくらいなのか実際に体験してみても良いでしょう。

U-NEXTの動画を良い画質で楽しもう|まとめ

U-NEXTの画質はBlu-rayディスクと同等の「フルHD」です。また、一部の作品はフルHDより色鮮やかな4K画質にも対応しています。

U-NEXTでは通信環境に合わせて「自動」「最低画質」「低画質」「高画質」の4段階の画質から選択することができ、スマホやタブレットのU-NEXTアプリ、PCのブラウザから設定可能です。

ぜひ本記事でご紹介した内容を参考にU-NEXTの画質を最適な設定にして、作品の世界を満喫してください。

その他のU-NEXTの使い方

U-NEXTの支払い方法

U-NEXTにログインする方法

U-NEXTの作品をダウンロードする方法

U-NEXTのファミリーアカウントを作成する方法

U-NEXTの字幕機能の使い方

U-NEXTをテレビで見る方法

U-NEXTが見れない時の原因と対処方法

U-NEXTを解約する方法

※本ページの情報は2024年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。